ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【黒字になる資格】販売・接客の経験が武器になる資格10選

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「今の生活を、仕事を変えたい!」というときに、資格はあなたの強~い味方!とはいえ、大切なお金と時間をつぎ込んでも、それ以上のリターンがあるのか不安…。そう、投資と比べたときに「黒字」になるか「赤字」になるかは、あなたが「これからやりたいこと」と「これまでの経験」次第。

そこで、これまで600人以上の成功者を取り上げてきた『稼げる資格』編集長・乾喜一郎さんに、タイプごとに「黒字資格」を紹介してもらった。

今回は、販売・接客の仕事の経験が活かしやすい10資格をピックアップ。

接客経験を活かし、かつ専門知識を身につけて味方にすることで、自分のペースで働きやすくなる。「人と接する仕事は好きだけど、立ち仕事がしんどくなってきたり、シフトの自由が効かなかったりして、将来を考えると体力面などで不安…」という方に、ぜひ参考にしてもらいたい。

ネイリスト検定

ネイリストとして独立が可能。サロンを持たなくとも、出張で施術するスタイルも選べる。施術中の会話も大切な時間なので、一人ひとりのお客さまとじっくり向き合っていきたい方には◎。

ファイナンシャルプランナー(AFP)

個人のお客さまを対象に、金融や保険商品の提案を行う際に活かせる資格。顧客との打ち合わせで丁寧なヒアリングができるかがカギ。カルチャーセンターや公民館などの場所で講師として活動することも。

医療事務

診療報酬請求事務能力認定試験など複数の資格がある。資格は必須ではないが、業界知識を身につけていることがアピールできる。事務だけでなく患者対応も重要で、介護や夫の転勤など家庭の事情がある人にも場所や時間を選びやすい仕事として人気。

整体師

複数の資格があり、施術の特徴がそれぞれ異なる。独立開業や出張施術の場合はもちろん、サロン勤務の場合も自分のペースで勤務可能。お客さまの状況に合わせた施術を行うためにも、会話の場面の重要度が高い。

アスレティックトレーナー(スポーツトレーナー)

競技者の健康管理、外傷の救急処置などをする専門家。複数のスポーツチームと契約して働く人が多い。

ヨガインストラクター

1コマごとの契約で複数のスタジオと契約する方法がとれる。生徒対応で過去の経験が活きる。

調理師

接客経験があれば、カウンターキッチンでの勤務もスムーズ。お店を開きたい接客経験者にもピッタリの資格。

ベビーシッター

個人やシッター派遣事務所と契約して仕事をもらうことが主流。保護者との会話が必須なので接客などの経験者向き。

臨床心理士、心理カウンセラー

心理系資格は人と密接に関わるので、接客などの経験がストレートに活きる。フリーランスで活躍する人も多数。

マイクロソフト認定トレーナー(MCP*1)

PCスクールやPCサポート会社などと契約したり、フリーランスで働くことが可能。教える場で人と接する力を発揮!

いかがだっただろうか。販売・接客で手に入れたコミュニケーションスキルはあなたの最大の武器。それを活かしてプラスアルファの専門技術を手に入れることで、新しい人生が開けてくる。

ケイマナニュース!編集部はいつでも、一歩踏み出すあなたを応援しています。

構成/ケイマナニュース!編集部 取材・文/渡辺清乃

※この記事は2016年10月時点での情報を基に作成しています。

*1:マイクロソフト認定資格プログラム

関連記事リンク(外部サイト)

【黒字になる資格】ロジック勝負で筋の通った仕事に転職したい人のための資格6選
40歳で“好き”を“天職”に。元主婦が手に入れた充実した毎日

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ケイマナニュース!の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP