ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「雲間から射し込む一条の光」と形容されたオーボエ

DATE:
  • ガジェット通信を≫


J-WAVEで放送中の番組「J-WAVE TOKYO MORNING RADIO」(ナビゲーター:別所哲也)のワンコーナー「MORNING CLASSIC」。10月10日の「10並び」で始まった今週は、クラシックの世界にまつわる「10」についてお送りしています。2日目の10月11日(火)、クラシックソムリエ協会理事の田中泰さんがセレクトしたのは、モーツァルト「セレナード第10番 K.361 グラン・パルティータ」。

13の管楽器のために書かれたこの作品は、モーツァルトの生涯を描いた映画「アマデウス」の中で、モーツァルトとライバルのサリエリが初めて出会うシーンで使われています。

「“雲間から射し込む一条の光のような”と形容されたオーボエの響きは、まさにモーツァルトならではの美しさです」(田中さん)

そしてコーナーの締めには、今日という日に向き合う力を与えてくれる、瀬戸内寂聴さんのお言葉を紹介しました。今日のお言葉はこちら。

「忘れるということは、良いことでもあり、悪いことでもあります。それを知った上で上手に使い分けて生きていくしかありません」

自分にとって都合の悪いことは全部忘れてしまいたい、とついつい思ってしまいますが、忘れないおかげで人は成長したりすることもありますよね。大事なことは「人間は忘れる生き物」だということを“忘れない”ことなのかもしれません。

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聞き直せます。

【番組情報】
番組名:「J-WAVE TOKYO MORNING RADIO」
放送日時:月・火・水・木曜 6時−9時
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/tmr/

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP