ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【速報】”時はきた!と思いました”サ上とロ吉、新日本プロレス1.4東京ドームのイメージテーマ曲を担当

DATE:
  • ガジェット通信を≫

サイプレス上野とロベルト吉野が、新日本プロレス新春恒例1.4東京ドーム大会のイメージテーマ曲を担当することが明らかになった。

これは、10月11日に行われた新日本プロレス「WRESTLE KINGDOM 11 in TOKYO DOME」カード発表記者会見にて発表され、公式WEBサービス「新日本プロレスワールド」で生中継されたもの。

「新春闘来!イッテンヨン!」とのキャッチフレーズが付けられた2017年1月4日恒例の新日本プロレス東京ドーム大会にて、大会初となるイメージテーマ曲をサ上とロ吉が担当することが発表されると、ブルーのジャケットにキャップ姿のサイプレス吉野が記者会見に登場。テレビ朝日のブルージャスティスこと野上アナウンサーの質問に答え、「物心ついたときからプロレス熱がさめることがなく、プロレス漬けの毎日」とのことで、テーマ曲を担当することになったことについては”時はきた!と思いましたね”と、橋本真也の名セリフを引用して心境を語った。また、プロレスとフリースタイルの共通点については”ジルバで来たらジルバで”というスパスタ列伝的な回答で、集まったプロレスマスコミを唸らせた。

その後、サ上はツイッターで「新日本プロレスリング 1.4東京ドーム、テーマソング制作ぶっかます 記者会見行って来ました(`_´)ゞ嬉しすぎる…」と喜びをツイート。IWGPヘビー曲チャンピオン、オカダカズチカとの2ショットも披露している。楽曲は現在制作中とのことで11月中旬には完成する模様。果たしてどんなテーマ曲が作られるのか? 全国3千万人のプロレスファンは注目しよう。(岡本)

・サイプレス上野とロベルト吉野オフィシャル・ウェブサイト
http://sauetoroyoshi.com/
・サイプレス上野とロベルト吉野の作品はOTOTOYから配信中
http://ototoy.jp/_/default/a/6956

カテゴリー : エンタメ タグ :
OTOTOYの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。