ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ウェブコンテンツを何でも保存!ブックマークサービス「Stash」は自動でジャンル分けも

DATE:
  • ガジェット通信を≫

読み物やビデオ、音楽などウェブ上のものなら何でもブックマークをつけて保存できる新サービス「Stash」がリリースされた。

保存すると自動的に内容に応じてジャンル分けされるので、後から見返す時に探す手間が省けるのが最大の特徴だ。

・コンテンツを自動整頓

「あとでチェックする」を可能にするサービスと聞いて真っ先に「Pocket」を思い浮かべる人は多いだろう。

基本的にStashはPocketと同じような使い方。ウェブ上の気になるページにブックマークをつけてあとから簡単にアクセスできるようにするというものだ。

ただ、Stashではブックマークをつける時に、自動的にジャンル分けされるのが特徴。

「本」「レシピ」「ファイル」「映画」「場所」「歌」「ビデオ」「商品」といったジャンルに振り分けられるので、あとから見返す時に簡単に探し出せる。

・リマインダー設定も

また、あとで読もうと思って保存しながら、結局放置したまま…というのはよくあることだが、Stashではリマインダーをセットできるのもポイント。

例えば、読むのに時間がかかりそうな長めの記事を保存するとき、日曜日の昼間にリマインダーを設定しておけば、ゆっくり目を通せるというわけだ。

忘れっぽい人には特に便利そうなこのアプリ、iOSとAndroidで利用できるが、使うにはまずサイトでウェイティングリストに登録する必要がある。

Stash

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP