ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

オシャレなのに泣ける映画ベスト3

DATE:
  • ガジェット通信を≫


J-WAVEでは10月10日に特別番組「J-WAVE HOLIDAY SPECIAL H&M presents EXCITING AUTUMN」(ナビゲーター:平井理央)をオンエア。秋のファッションを中心に、音楽、スポーツ、グルメ、など秋を楽しむ9時間の放送をお届けしました。今回はモデル、タレント、そしてJ-WAVEでは土曜の番組「SEASONS」のナビゲーターとしても活躍中のマリエさんに伺った「オシャレで泣ける映画ベスト3」を紹介します。

●第3位「エターナル・サンシャイン」
(ミシェル・ゴンドリー監督 出演:ジム・キャリー ケイト・ウィンスレット 2004年公開)

※「記憶除去手術」を受けた男女の記憶と恋愛を扱った作品。

マリエ:恋愛においてオシャレは重要で「この人のためにキレイになりたい」「こんな服を着たら喜んでくれるかな」と考えるうちにお互いのセンスが磨かれていくと思うんです。恋愛って一気に好きになったのに、ケンカして壊しちゃうこともあるけど…お互いの人生を交換していく作業だと思うんです。この映画の主人公は、一人はヤンチャで一人は真面目。ファッションも性格も全く違う二人だけど、お互いのやりとりを通じて、大切なことを教えてくれる映画です。
平井:不朽のラブストーリーで、切ないけど、キュンキュンする感じがあって、恋をしたくなる映画ですよね。

●第2位「私だけのハッピー・エンディング」
(ニコール・カッセル監督 出演:ケイト・ハドソン ガエル・ガルシア・ベルナル 2011年公開)

※余命半年と宣告された末期ガンの患者と、医師の切ないストーリー。

マリエ:泣けるけど、ほっこりする映画で、最後は笑い泣きしている映画です。観た後で「素敵! 生きてて良かった!」って思います。オシャレな映画にたくさん出演しているケイト・ハドソンの、今の魅力が非常によく滲み出ています。切ないだけでなく、ケイト・ハドソンのオシャレなセンスも見ることができて、ハッピーな気分になります。
平井:なるほど…。

●第1位「ソニア・リキエル 〜コレクション前夜」
(ロイック・プリジェント監督 出演:ソニア・リキエル 2010年DVDリリース)

※“ニットの女王”ソニア・リキエルのデビュー40周年を祝い、パリでのコレクションの舞台裏に密着したドキュメンタリー作品

マリエ:落ち込んだときに観て、テンションを上げるDVDです。ファッション界の巨匠、ソニア・リキエルは亡くなってしまいたが、実はH&Mとコラボする先駆けになった方です。私もソニア・リキエルみたいな女性としてファッションを楽しめたら、と思っているので選びました。
平井:元気が出る一本なんですね!

いかがでしたか? 気になる作品が見つかった方はチェックしてみてくださいね♪

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。

【番組情報】
番組名:「J-WAVE HOLIDAY SPECIAL H&M presents EXCITING AUTUMN」
放送日時:10月10日(月・祝) 9時−17時55分
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/holiday/20161010/

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP