ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

熱気ムンムン!長崎の「YOSAKOIさせぼ祭り」に行こう!【2016】

DATE:
  • ガジェット通信を≫

190チーム、踊り子約7000人が参加する九州最大の「YOSAKOIさせぼ祭り」。

今年も10~11月に開催されます!

13会場で熱気ムンムンの踊りが披露され、街全体がショーと化すイベント。

ここでは、特に「佐世保らしい景色」も楽しめる5会場をピックアップしてご紹介します♪

開催中は、佐世保の食が満載の「SASEBOグルメ横丁」も。

行ったことのある方も、そうでない方も、ぜひチェックしてこの秋のお出かけプランの参考にしてみてください♪

第19回 YOSAKOIさせぼ祭り

全13会場の中、佐世保らしい風景で楽しむならこの5つ!

開催期間/10月21日(金)前夜祭 12時~21時、22日(土)本祭 9時30分~20時、23日(日)本祭 9時~20時

約170チーム、踊り子約7000人が参加する九州最大のYOSAKOI祭り。13会場で熱気ムンムンの踊りが披露され、街全体がショーと化す!せっかくなら、佐世保らしい景色も楽しめる5会場がオススメ。佐世保の食が満載の「SASEBOグルメ横丁」も注目!

名切お祭り広場会場

祭りのクライマックスファイナルステージはココ!

21日/12時~21時、22日/9時30分~20時、23日/9時~20時

前夜祭や全国の学生YOSAKOIの最高峰「青春グランプリ」などが行われる、祭りのメイン会場。23日の17時からのファイナルステージで各賞が決定!特等席で楽しめる有料席(500円、ファイナル2000円)も

住所/長崎県佐世保市宮地町

アクセス/電車:JR佐世保駅よりバスで「松浦町中央公園口」バス停下車、徒歩3分

車:西九州道佐世保中央ICより10分

駐車場/なし

アーケード会場

日本一長~いアーケードで一緒に踊らにゃソンソン!

22・23日/11時~17時

日本一長いアーケードを会場に、パレード形式で各チームが練り歩く。22日16時30分~はアーケード総踊りも。飛び入り参加大歓迎!

住所/長崎県佐世保市 さるくCity4○3アーケード(中央商店街)

アクセス/電車:JR佐世保駅より徒歩10分

車:西九州道佐世保中央ICより5分

駐車場/なし

ハウステンボス会場

YOSAKOIステージがハウステンボスに上陸!

23日/12時30分~15時

ハウステンボスのヨーロッパの街並の中でも、演舞が楽しめる。会場はハーバータウンデ リーフデ号前ステージ(ハウステンボス入場券、ハーバータウン入場料が別途必要)。ハウステンボス観光と合わせて楽しもう!(C)ハウステンボス/J-17549

住所/長崎県佐世保市ハウステンボス町1-1

アクセス/西九州道佐世保大塔ICより10分

駐車場/5000台(1回800円)

九十九島パールシーリゾート会場

グッドロケーション!九十九島をバックに演舞。

22・23日/11時~15時

遊覧船がバックを行き交い、雰囲気も◎。九十九島水族館「海きらら」やレストランなどと合わせて楽しめるので便利

住所/長崎県佐世保市鹿子前町1008

アクセス/西九州道佐世保中央ICより7分

駐車場/700台(一定時間以上は有料)

海上自衛隊倉島岸壁会場

佐世保でしか味わえない!護衛艦の前でも踊っちゃう。

23日/10時~12時

海上自衛隊の巨大な護衛艦の前がステージとなり、熱~いYOSAKOIを披露。佐世保ならではの絶好のロケーションで楽しめる。普段は立ち入れない佐世保基地が特別開放され、護衛艦の一般公開も開催

住所/長崎県佐世保市倉島岸壁

アクセス/電車:JR佐世保駅より徒歩10分

車:西九州道佐世保みなとICより3分

駐車場/なし

SASEBOグルメ横丁

踊りと一緒に食も満喫!名切お祭り広場会場に屋台が大集合!佐世保バーガー、九十九島カキなど、ご当地グルメがズラリ。港町佐世保ならではの、充実グルメを祭りと一緒に楽しもう!

第19回 YOSAKOIさせぼ祭り

問合せ/RYOSAKOIさせぼまつり実行委員会事務局

TEL/0956-33-4351

「第19回 YOSAKOIさせぼ祭り」の詳細はこちら

※この記事は2016年10月時点での情報です

関連記事リンク(外部サイト)

続々登場!新名所「久留米シティプラザ」周辺のNEWスポット【福岡】
「青の洞窟」「ひまわり畑」…♪旅先で楽しむ絶景スポット【関東・東北】
感動間違いなし!この秋行きたい♪絶景紅葉スポット【東北】

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
じゃらんニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP