ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

これまたピンポイントな!国芳の武者絵も展示"印刷物を刷らせた武士"にフォーカスした展覧会「武士と印刷」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

これまたおもしろい部分にフォーカスした展覧会が開催されます。今回紹介する展覧会は「武士と印刷」。"印刷物を作らせた武士"にスポットを当てた展覧会なんです。

武士の展覧会といったらやはり武士が使用した甲冑や日本刀を展示する展覧会が人気かと思いますが、本展では徳川家康を代表する印刷物を作らせた武士、そして作られた印刷物を紹介。

江戸時代の印刷物といえば浮世絵が人気を集めていましたが、あまり知られていない日本史の一面として、武士たちが全国的に個性豊かな印刷を行っていたのだそう。「戦」が本分であった武士が「知(=印刷)」による活動を行なっていた事実を印刷資料とともに紹介されます。

展示内容の第一部には歌川国芳の武者絵を中心に約150点のコレクションが展示されます。武者絵に描かれる力強く勇ましい武士たちの姿と印刷物を刷らせていた武士のギャップを楽しむというのも本展の魅力の一つとなっています。

第二部では戦国時代、江戸時代を通じて約70人の武士が刷らせたおよそ160点もの印刷資料を展示。文章のみならず詳細なスケッチ、製図などによる資料もあるので楽しめるかと思います。

武士の印刷事業にスポットを当てた展覧会「武士と印刷」は2016年10月22日(土)~2017年1月15日(日)まで、東京都文京区・印刷博物館で開催されます。

武士と印刷 – 印刷博物館

日本の文化と「今」をつなぐ – Japaaan

関連記事リンク(外部サイト)

マニアックすぎてワクワクすっぞ!江戸時代の絵画の"色材"にフォーカスした展覧会「色の博物誌」
ちょっと不気味で面白そう!江戸時代からの日本の"見世物"に迫る特別展「見世物大博覧会」開催
コレクター魂を揺さぶる!450点以上の根付や印籠が集結する「細密工芸の華 根付と提げ物」が開催

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Japaaanマガジンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。