ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ホラー映画監督たちによるVRホラーシリーズが10月から公開 全国ネットカフェで

DATE:
  • ガジェット通信を≫

株式会社ポニーキャニオン、株式会社eje、インターピア株式会社、株式会社JVCケンウッド・ビデオテックは共同で、VRホラーショートムービーシリーズ「VR“DEAD”THEATER」のリリースを発表しました。

本コンテンツは、2016年10月現在、全国約124店舗で展開している、VR映像がネットカフェ等の店舗で楽しめるサービス「VR THEATER」、及びGear VRやiOS, Android用アプリなどで楽しめるVR映像ポータル「VR CRUISE」の新コンテンツとして公開されます。

「VR“DEAD”THEATER」は、「ホラー映画を実体験する」をテーマに、次々に襲いかかる恐怖をVRで体験していくホラーコンテンツ。驚きや混乱などの通常ホラーで使用される手法にあわせ、今回は、自身の身が引き裂かれていく痛覚のような「実体験」の部分に重きを置いているとのこと。

「VR“DEAD”THEATER」シリーズの第1弾作品「天獄処理工場」を制作するのは、日本のスプラッター映画を手掛け、「実写版 進撃の巨人」「シン・ゴジラ」などの特殊造型も作り上げた西村喜廣監督です。

この第1弾作品を皮切りに、今後もシリーズとしてコンテンツのリリースを予定しており、日本のホラー映画監督達によるVRホラーコンテンツを発信していく予定とのことです。

VR“DEAD”THEATER第1弾作品「天獄処理工場」は全国の「VR THEATER」展開店舗にて10月17日よりサービスが開始されます。なお、VR THEATERにはこれまでにも『進撃の巨人』『攻殻機動隊』の世界を体験できるVR映像などが配信されてきました。

(参考)
VR “DEAD” THEATER 公式サイト

vrdeadtheater.ponycanyon.co.jp/

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Mogura VRの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP