ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

職場復帰後いきなり突発性発疹で入院!ワーママの洗礼に例外なんてなかった現実

DATE:
  • ガジェット通信を≫

1歳6ヶ月で保育園デビューした息子。

幸いにも慣らし保育中に病気にかかることはなく、わりと簡単に職場復帰を果たせた私。

不安だった仕事と育児の両立は、このまま順風満帆に行くのではないかと思っていました。

しかし、そんな穏やかな日常は・・・やっぱり続くわけはないのが、現実。

職場に復帰して2週間ほどたったある日。

仕事中、子どもの熱で保育園から呼び出された私は、早速洗礼を受けることになったのです。

保育園では、熱のわりに元気そうな息子。

保育士さんから恐らく突発性発疹だろうと説明されたのですが、知識がなかった私は、「発疹?病気じゃないならよかった~」と、自宅に直帰。

「これで明日には仕事に行ける!」と、緊張が消えた解放感から病院にも行かず、子どもと一緒に家でのんびり過ごすことにしました。 関連記事: 熱を出すたび保育園から呼び出しがかかりイライラ…。仕事と育児の両立に悩む日々

こうして、夜になった頃。

予定通りに、赤い発疹が発生。

ところが、何だか息子の様子がおかしい。

さっきまでオモチャで遊んでいたのに・・・今では、ぐったり。

念のため…と測ってみた体温は、40℃を超していました。

「え?突発性発疹ってこんな感じなの!?」

こんな時に相談したい夫はまだ帰宅していないし、かかりつけ医は既に時間外。

とりあえずと電話をしてみた夜間救急で症状を説明したところ、やっぱり突発性発疹ではなさそうな様子。

「ウソでしょ・・・?」

恐怖を感じた私はすぐさま家を出て、祈るような思いで、夜間救急に向かいました。

タクシーで夜間救急へ到着。エントランスに着くなり看護師さんが子どもを抱えて、治療室へ。

受付を済ませるために残された私は、震える手で何とか問診票を記入しようとするものの、こぼれ落ちる涙で用紙が全然見えません。

「保育園の帰りに、病院を受診していればよかった」

「息子に万が一のことがあったら、どうしよう・・・」

悶々と考えながら泣く私を、病院のアナウンスが呼びました。

診察室に入ると、ベッドに横になり、点滴をされている息子が。

「わぁぁぁ・・・」

かわいそうな息子の姿を見て、ショックで泣き崩れる私。

そんな私を看護師が支えてくれている中、医師の説明が始まりました。

「恐らく、息子さんは細菌性の感染症にかかっているため、このまま入院して様子を見ましょう」

「入院?!」

出産まで病院に入院なんてしたことがなかった私は、想定外の入院でパニック状態。

恐怖のあまり唇は震え、口から言葉すら出てきません。

「大丈夫ですよ。院内ならすぐに処置ができますし、安心してください」

看護師にフォローされながら、必死にうなずく私。

結局3日で退院はできたものの、まだ夜は添い乳でしか眠れなかった息子のために、入院中は私も付き添いで寝泊まりしました。

その後も、仕事中の呼び出しは月1程度で続いています。

やはり働きながらの子育ては大変なのだと、痛感する日々です。 関連記事:頻繁に熱を出す娘のために仕事もままならず焦る日々。そんな娘を褒めてくれる医師の言葉に思わずホロリ

著者:yuuumerrn

年齢:30代

子どもの年齢:8歳、6ヶ月

2人息子のママ。渾身の想いで授かった2人目がかわいすぎて、保育園に預けないよう画策してるのは夫にナイショです。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

関連記事リンク(外部サイト)

頻繁に熱を出す娘のために仕事もままならず焦る日々。そんな娘を褒めてくれる医師の言葉に思わずホロリ
時短勤務に冷たい職場。精神的に追い詰められ、退職することを選びました
産後の就活は「育児とのバランス」が肝! 優先順位を見つめ直して情報収集を

赤すぐnet みんなの体験記の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP