ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

韓国オンラインゲーム『フリースタイル2』が『スラムダンク』を盗作か 韓国内でも批判相次ぐ

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


韓国のゲーム開発会社JCEが提供するオンラインバスケゲーム『フリースタイル2』の電車広告が、『スラムダンク』の名場面を盗作したとの疑惑が浮上している。

問題の広告に描かれているのは、2人のバスケットボール選手が手を合わせるシーン。だが、『スラムダンク』で桜木花道と流川楓が手を合わせるシーンと、髪型から姿勢、ユニフォームのなびき方まで酷似しており、ネット上では盗作疑惑が指摘されている。

ゲーム専門メディア『エスゲーム』によると、JCE側は「法的に問題があれば修正や差し替えを即時行うが、オマージュとして見ていただければと思っている」と説明。しかし、日本のインターネット上では「これはアウトだろ」「またパクってんのか」など厳しい意見が集まっているほか、スラムダンクファンの多い韓国でも、「ひとことで言ってこれは盗作」「ひどいな」「ノイズマーケティングだろう」「完全にパクリだな」などの批判コメントが相次いでいる。

韓国のゲーム専門メディア『gameshot』は、JCEについて次のように伝えている。

JCEは2008年に自社を代表するゲームであり固有名詞の『フリースタイル』をめぐり、ゲーム開発メーカーEAと争いを起こした過去がある。EAは『フリースタイル』という名前のカジュアルスポーツゲームブランドを発表しようとしたのだが、JCEのキム・ヤンシン代表は、当時、文化省長官だったユ・インチョン前長官に「巨大企業EAとフリースタイルブランドをめぐって争うことになったので、国家レベルで法律的、行政的な支援をしてほしい」と要請し、「状況が悪化した場合はEAを提訴する」と述べた。JCEは、自身の所有権が少しでも侵害されると強硬な態度をとるにも関わらず、その反対になると静かに目をつぶりやり過ごそうとしている。

また、韓国で『スラムダンク』の版権を保有する大元C.I.株式会社は、今回の件について「原作者ではないが、韓国での版権を保有する関係者として、JCE側に該当広告の掲載をやめるよう近日中に伝える予定」としている。『フリースタイル2』の車内広告は、韓国でも大きな波紋を広げているようだ。

※画像:gameshotより引用

※この記事は、ガジェ通ゴールドラッシュの「朴美奈」が執筆しました。[リンク]

朴 美奈の記事一覧をみる ▶

記者:

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

記事をシェアしよう!

TOP