ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

サンドラ・ブロックとケイト・ブランシェット主演の映画『Ocean’s Eight(原題)』、公開日が決定

DATE:
  • ガジェット通信を≫

米ワーナー・ブラザースは、映画『オーシャンズ11』のスピンオフ作品となるオール女性キャストによる映画『Ocean’s Eight(原題)』の米劇場公開日を2018年6月8日に決定した。

同作は、サンドラ・ブロックを筆頭に、ケイト・ブランシェット、アン・ハサウェイ、リアーナ、ヘレナ・ボナム=カーター、ミンディ・カリング、オークワフィーナ、そしてサラ・ポールソンが出演する。

映画『ハンガー・ゲーム』、映画『Free State of Jones(原題)』を手掛けたゲイリー・ロスが、『Ocean’s Eight(原題)』を監督する。ブロック演じる役は、大規模な強盗を成功させようとする泥棒と詐欺師のリーダーだ。ロスは、オリヴィア・ミルチと自身が共同で執筆した脚本をもとに監督を務める。

『オーシャンズ11』のスティーヴン・ソダーバーグ監督とロスが、エグゼクティブ・プロデューサーのスーザン・イーキンスと共にプロデュースを手掛ける。豪映画製作会社ヴィレッジ・ロードショー・ピクチャーズが、ジョージ・クルーニーとブラッド・ピットが主演した『オーシャンズ』シリーズの過去3作品と同様に、共同プロデュースと共同出資を行う。

グレッグ・シルヴァーマンとジェシー・アーマンが、米ワーナーに向けて監修する。製作は間もなくニューヨークで始まる予定だ。

『Ocean’s Eight(原題)』は以前より、イベント・フィルム(大作)として、米パラマウント・ピクチャーズによるバンブルビーのオートボットを中心に展開する映画『トランスフォーマー』の6作品目となるスピンオフ映画に対抗して2018年6月8日に米劇場公開される唯一のワーナー作品としてリストにあがっていた。

『Ocean’s Eight(原題)』は、2001年、2004年、2007年に公開された強盗コメディ3部作『オーシャンズ11』のスピンオフ映画だ。3部作はソダーバーグが監督し、故ジェリー・ワイントローブがプロデュースを手掛け、ジョージ・クルーニー、ブラッド・ピット、マット・デイモン、ジュリア・ロバーツが出演した。3作品は、全世界で11億ドル以上の興行総収入を記録した。

このニュースは、デッドライン・ハリウッドが最初に報じた。

カテゴリー : エンタメ タグ :
Variety Japanの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP