ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

自見庄三郎氏のアベノミクス評 「経済界に政府が騙された」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 所信表明演説中の首相に総立ちで拍手を送る国会の光景は、政治が変わってしまったことを改めて実感させた。政界を引退したOBは、この現状について何を思うか──。民主党政権時代に長く金融担当大臣を務めた自見庄三郎氏(70)が、アベノミクスを鋭く斬る。

 * * *
 黒田東彦・日銀総裁の金融緩和政策は当初、「黒田バズーカ」ともてはやされました。が、私は黒田バズーカは“真珠湾攻撃”だと思うのです。最初の一撃は見事に効く。確かに株価と為替は動きましたが、そのまま果たして順調に進むのだろうか。すぐに“ガダルカナル”になってしまうのではないでしょうか。

 金融緩和に意味がないとは言わないが、金融はしょせん金融に過ぎず、実体経済ではありません。一時的な“メッキ”として効果はあるかもしれないが、問題解決にはならない。その証拠に、2年で物価上昇率2%を掲げながら、その目標は達成できていません。

 金融緩和によって得た結果は、株価が上がったことと、円高から円安への転換。これは確かに成功しました。特に経済界は円高が景気減退の元凶だとして、円高解消を強く政府に求めていた。そうすれば輸出が増え、雇用にも好影響を与えると経済界は訴えた。

 それに応じて日銀は金融緩和を実施して、円安にシフトさせたわけです。しかし、実際はどうなったか。円安になっても輸出は全然増えない。雇用も戻らない。それは当たり前のことで、国内メーカーの多くがすでに海外現地生産を行なっていたからです。

 輸出が増えないと企業は儲からないのかと思ったら、海外の利益が円安によってかさ上げされ、過去最高益を出す企業が続出。円安で企業は儲かりました。しかし、輸出は増えないし、雇用も増えない。

 かつて渡辺美智雄さんはこう言っていた。「商社の情報というのは凄い。外務省が持ってくるものと比べて非常にレベルが高い。それというのも、商売が懸かっている彼らは必死で情報を取ってくるからだ」と。その上で、こう付け加えました。「でも、相手はあくまで商売人。騙されてはいかんよ」──と。

 円高不況に乗じて、政府は経済界から騙された。それが私のアベノミクスに対する評価です。

●じみ・しょうざぶろう/1945年生まれ。1983年初当選。郵政大臣、金融担当大臣を歴任。国民新党代表も務めた。

※週刊ポスト2016年10月14・21日号

【関連記事】
円高=悪はウソ 東京電力は1ドル80円で年間利益1400億円増
経団連、メガバンク、マスコミのみアベノミクス称賛と大前氏
大前研一氏「アベノミクスというのは日本を辱める経済政策」

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP