体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

忙しい毎日にくじけそうなとき、もう一度がんばろうと思える「20のことば」

忙しい毎日にくじけそうなとき、もう一度がんばろうと思える「20のことば」

人生は一度きり。毎日をなんとなく生きるのではなく、何か大きなことを成し遂げたいと思っている人は多いはず。でも、ときにはひと呼吸おいて、自分の考えや気持ちを整理することが大切です。

ここでは著名人たちが語った、やる気を起こす20の名言が「Inc.」に掲載されていたので紹介しましょう。まとめているのは、多くのトップ企業やCEOへの取材を重ねてきたJeff Haden氏です。

01.

忙しい毎日にくじけそうなとき、もう一度がんばろうと思える「20のことば」

「今から20年後、あなたは行動に移したことよりも行動に移さなかったことを後悔するだろう。だからもやい網は投げ捨てて、安全な港から離れて船を出そう。貿易風を受けて冒険して、夢を見て、新しいことを発見しよう」
ー Mark Twain(アメリカ・作家)

02.

「与えられている額以上の努力を注げば、いつか注いでいる努力以上の金額が舞い込んでくる」
ー 不明

03.

「成功とは、毎日の小さな努力の積み重ねである」
ーRobert Collier (アメリカ・作家)

04.

「今日やらないと決めたことは、たとえ明日死んだとしても先延ばしにしたことを後悔しないこと」
ー Pablo Picasso (スペイン・画家)

05.

忙しい毎日にくじけそうなとき、もう一度がんばろうと思える「20のことば」

「前を見ている最中は、点と点をつなぎとめられない。後ろを向いて、ようやく点たちが結びつくんだ。だから今キミが残している点が将来一つの線としてつなぎとめられることを信じなければならない。信じることが大事なんだ。それが直感であろうと、運命だろうと、人生だろうと、カルマだろうと、なんだっていい。僕はこの考え方に裏切られたことがない。人生を変えた考え方といえばこれ一筋だ」
ー Steve Jobs (アメリカ・起業家)

06.

「失敗に終わった人の多くは、成功の手前で諦めてしまっている」
ー Thomas Edison (アメリカ・発明家)

07.

「毎回同じことをしていては、同じ結果しか生まれない」
ー Sue Knight (イギリス・国際コンサルタント)

08.

「成功を生み出す式はわからない。だが確実に言えるのは、周りを全員満足させようとすることは失敗の式であるということ」
ー Herbert Bayard Swope (アメリカ・ジャーナリスト)

09.

「完璧な計画を来週遂行するよりも、そこそこの計画を今日こなすほうが吉である」
ー George Patton (アメリカ・陸軍大将)

10.

忙しい毎日にくじけそうなとき、もう一度がんばろうと思える「20のことば」

1 2次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。