ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

渡辺直美「ニューヨーカーのジーンズはピッチピチ」

DATE:
  • ガジェット通信を≫


J-WAVEでは10月10日に「J-WAVE HOLIDAY SPECIAL H&M presents EXCITING AUTUMN」(ナビゲーター:平井理央)をオンエア。秋のファッションを中心に、音楽、スポーツ、グルメ、など秋を楽しむ9時間の放送をお届けしました。

今回は、インスタグラムのフォロワー数が500万人を超え、ニューヨーク、ロサンゼルスで行われたワールドツアーも大盛況だった芸人の渡辺直美さんに、ニューヨークとロサンゼルスのストリートファッションについてお聞きした模様をお届けします。

渡辺さんによると、ニューヨークで流行しているストリートファッションは、日本で流行しているファッションとは真逆のようです。

「日本ではダボダボで、靴が見えないぐらい丈の長いジーンズを履いている人が多いですが、ニューヨークではくるぶしが見えるくらい、短いジーンズが流行しています。ジーンズを短く切って、靴下を見せてスニーカーを履いています。靴下で遊ぶ感じですね。ジーンズ自体はピッチピチのパッツパツです。特にブルックリンの若者がオシャレでした」(渡辺さん、以下同)

この話を聞いた平井は「ピッチピチのジーンズも、ニューヨーカーのプリっとしたヒップだと着こなせますよね〜」と感心していました。ちなみにブルックリンは、映画「はじまりのうた」や「マイ・インターン」の舞台となった街でもあり、デザイナーやアーティストが多く住む街ともいわれています。

続いて、ロサンゼルスのストリートファッションについて伺いました。ニューヨークとは気候が全く違うこともあり、雰囲気も違っていたそうです。

「まず、気温が全く違うんです。ニューヨークがものすごく寒かったのに対して、ロサンゼルスはタンクトップ一枚で過ごせます。ロサンゼルスには独自のスタイルがあって、良い意味でファッションの流行がありません。

海が近いため、ラフな格好の人が多いです。ビーチサンダルで歩いていることがカッコよくて、ヒールを履いていると『え?』と思われる感じです。逆にニューヨークのマンハッタンではヒールを履いていないと『え?』と思われます(笑)。どちらの街もファッションが楽しめますね」

ちなみにロサンゼルスの10月の平均最高気温は25度、ニューヨークは18度だそうです。

そんな渡辺さんは秋と冬が好きだそうで、「インナーの色も楽しめて、インナーのシャツは黄色だけどニットはグレーにして、コートは何色にするかっていう重ね着ができるので楽しみです。あとは、秋刀魚が好き!」と、ファッションから最後はなぜか「秋刀魚が好き」というアピールをしていました(笑)。

渡辺さんのワールドツアー、残すは台北での開催! 1,000人収容の会場のチケットは即完売という気になる台北公演の模様は、渡辺さんが木曜ナビゲーターを務める「AVALON」(月曜ー木曜 22時)にて、10月20日の放送でお伝えします。こちらも、お楽しみに!

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。

【番組情報】
番組名:特別番組「J-WAVE HOLIDAY SPECIAL H&M presents EXCITING AUTUMN」
放送日時:10月10日(月・祝) 9時−17時55分
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/holiday/20161010/

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP