ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【敬愛】タイ・プミポン国王の容体が不安定に / 王室庁の発表により判明「血液透析後に悪化」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ラート・チャ・アーナーチャック・タイの国王として世界的に敬愛されている人物、プミポン国王(ラーマ9世 / プーミポンアドゥンラヤデート)が、容体が不安定になり、予断を許さない状況であることが、王室庁の発表により判明した。

・タイ全土や海外へ向けて発表
プミポン国王は1年ほど前から呼吸器に対する感染疾患のため、バンコク市内の病院で入院を続けており、回復に向かっていると報じられていたが、血液透析を受けた直後、容体が悪化。王室庁がプミポン国王の状況が良くない事をタイ全土や海外へ向けて発表した。

・国王として国を守り続けてほしい
プミポン国王は怪死した兄のあとを継ぐかたちで、10代でタイ国王として即位し、2016年で即位70年を迎えた。すでに88歳と高齢であるが、多くのタイ国民がプミポン国王を敬愛しており、これからも長きに渡って国王として国を守り続けてほしいと願っている。

・国民のために捧げ続ける人生
国民に愛される理由は、プミポン国王の優しく温和な性格はもちろんの事、タイの地方経済や農業を大切にし、貧困層の苦悩、天災による災害をなくすため、人生をかけて働き続けているところにある。また、動物を愛する人物としても知られており、殺処分前の野良犬の存在を知り、国王命令として処分を中止にした過去がある。

その後、その野良犬が生んだ子犬トーンデーン(2016年現在18歳前後)をもらい、王室で飼っていることは国内外に広く知られている。そのすべてはプミポン国王みずから執筆した著書「奇跡の名犬物語」で知ることができ、日本語訳も販売されている。

・プミポン国王には絶対的な敬愛の精神
また、2010年に発生したタイ過去最大規模ともいわれるデモ隊とタイ軍の衝突では、街が戦場と化すなか、プミポン国王が仲裁に入り、ようやく収束を迎えた。どのような立場のタイ人でも、プミポン国王には絶対的な敬愛の精神をもっており、その力は計り知れないのである。

・王位継承者は2名
王位継承者としてワチラーロンコーン王子とシリントーン王女の名が挙がっているが、万が一のことがあった場合、タイでは大きな混乱が生まれるのではないかという声も出ている。

ちなみに、最近ではシリントーン王女の誕生日を祝い、外資系ドーナツショップ「クリスピークリームドーナツ」が、バンコク市内でシリントーン王女バージョン限定ドーナツを販売し、国民に好評を得ていた。

日本の皇室とも親密な関係があり、かつてプミポン国王は日本の皇太子徳仁親王に対して「わが息子のようです」と話したと言われている。

・LONG LIVE THE KING
プミポン国王の誕生日は12月5日だ。街中には「LONG LIVE THE KING」という言葉が掲げられ、特にスワンナプーム国際空港は盛大に彼の健康と長寿を祝い、歓迎ムードで包まれるなか世界中から訪れた観光客が降り立つ。

これほどまで国民に愛されている国王も珍しい。今年の誕生日を健康に迎えられることを願うだけでなく、来年、再来年、そして10年後も20年後も、プミポン国王が健康であり続けることを願いたい。

もっと詳しく読む: タイ国王の容態が不安定に / 王室庁の発表により判明(バズプラス Buzz Plus) http://buzz-plus.com/article/2016/10/11/thailand-bhumibol-adulyadej/

バズプラスニュース Buzz+の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP