ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

オーストラリアの人気イベント&ホリデーまとめ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ワーホリ、留学に人気のオーストラリア。旅だけでなく、中長期でオーストラリアに滞在する人も多いかと思います。

文化や芸術、アート、音楽、料理やワインなど、一年を通していろいろな祝日やお祭り、イベントなどが行われていて、日本とはまた違った文化や盛り上がりを見せます。

イベントなどに一緒に参加すれば、パーティ好きのオーストラリア人とますます交流が深まりそうですね。

 

オーストラリア デー(1月26日 オーストラリア全土)

Photo by Tara Croser

「オーストラリア デー(Australia Day)」は、その名前の通り「オーストラリアの日」、オーストラリアの国民の祝日で、オーストラリア最大のお祭りになります。

オーストラリアの1月は真夏。

この日はオーストラリアの各地で、ビーチパーティーやミュージックライブ、パレードや花火大会など、さまざまなイベントがおこなわれ、お祝いムードに包まれます。

 

町のショップなどはオーストラリアの国旗をモチーフにした衣装やパーティーグッズが並び、オーストラリア一色に。オーストラリア国旗デザインの水着や全身タイツ、ドレスなどを用意して参加すれば気分は一層盛り上がります。

シドニーであればシドニーハーバー周辺、ブリスベンであればサウスバンクの公園、パースではスワン・リバーを臨むラングレー・パークが会場となります。

 

普段は公共の場での飲酒が禁止されていますが、この日ばかりは決められた場所での飲酒が特別に許可され、芝生の上でビールを飲みながらライブや花火を楽しむことができます。

 

メルボルン フード&ワインフェスティバル(3月 メルボルン)

photo by pixta

オーストラリア第2の都市メルボルン。オーストラリアが秋へと向かう毎年3月に、「メルボルン・フード&ワインフェスティバル」が開催されます。

2週間にわたるフェスティバル期間中、メルボルンとビクトリア州の各地で、世界一長いテーブルでのランチ「ザ・ワールド・ロンゲスト・ランチ」や、ワインのテイスティング、一流シェフの特別料理など、食とワインに関するさまざまなイベントやプログラムがおこなわれます。

 

マーガレットリバーワインフェスティバル(4月 マーガレットリバー)

photo by pixabay

マーガレットリバー(Margaret River)は、ワインとサーフィンが有名な町。

質の高いワイナリーが多い西オーストラリアの中でも、ワイナリーが集中し、世界トップクラスのワイナリーが並ぶマーガレットリバー。ワインだけでなく、チーズ工場やビール工場、チョコレート工場などの食品生産も盛んです。

 

そんなマーガレットリバーで、ぶどうの収穫時期を迎える4月にワインフェスティバルが行われます。

期間中、アートや音楽のイベントをはじめとして、ワイナリーツアーやカクテルパーティなど、さまざまなイベントが開催されます。

 

ビビッド・シドニー(5、6月 シドニー)

photo by Nicki Mannix

シドニーの光と音楽の祭典「ビビッド・シドニー(Vivid Sydney)」は、世界中で活躍するアーティストやクリエイターが集結し、冬のシドニーをカラフルに彩ります。

2009年から始まった新しいイベントですが、世界の10大フェスティバルに選出され、CO2削減と最小限のエネルギーを活用するため LEDライトを使用するなどのアイディアと工夫が評価を集めている同イベント。

 

シドニー・オペラハウスをはじめとする町中のさまざまな場所で、ライトショー、コンサートやライブ、さまざまなプログラムが繰り広げられます。

クルーズは格安で25ドルからあり、人混みの中を歩かなくても最高の夜景が楽しめるのでおすすめです。

 

ダーウィンフェスティバル(8月 ダーウィン)

photo by pixabay

オーストラリアが真冬になる8月にも、比較的温暖な気候のダーウィン。町中が会場になって、音楽やダンス、コメディ、ビジュアルアートやアボリジニ・アーティストたちの作品などを見ることができます。

中でも、オーストラリアの先住民アボリジニのローカルアートは圧巻。異世界にトリップしたような気分が味わえます。

http://www.darwinfestival.org.au

 

メルボルンカップ(11月第1火曜日 メルボルン)

photo by Chris Phutully

「メルボルンカップ」は、賞金も規模も南半球最大のG1レース。この日、メルボルンのあるビクトリア州では、祝日で会社や学校、お店もお休みになります。

そして午後3時に、オーストラリア最高額の賞金がかかったレースがおこなわれます。このレースを全オーストラリア人が見るので「国が停止する日」と言われています。

 

ドレスアップして食事を楽しみ、シャンペンを飲みながら優勝馬を選ぶ。ヨーロッパなどでは、古くから「競馬は神聖なスポーツ」と認識されていて、オーストラリアのメルボルンカップでもそういった伝統が受け継がれているため、競馬場の入場にはドレスコートがあります。

またレース期間中には、ファッションコンテストが開かれ、世界中のセレブリティな映画俳優や歌手、トップモデルたちが招待されます。ファッションやアートのイベントも行われるため、来場者の半数は女性なのだそう。

 

町中のレストランやバーでも、みんなお昼からビールを飲んだり、いつもよりドレスアップしたりして、昼からお祭り騒ぎでした。レースが始まると本当にみんながレースに釘付けになって、一瞬時が止まっていました。

 

クリスマス&ニューイヤー(12月、1月 オーストラリア全土)

photo by pixta

オーストラリアでは、夏のクリスマス&ニューイヤーを体験できます。やはり、サンタさんは水着でサーフィン。

またクリスマスの次の日は、年に一度の大バーゲンであるボクシングデー。

オーストラリアの各都市でさまざまなイベントが行われますが、シドニーのニューイヤー花火は世界的にも有名。カウントダウンと同時にものすごい数の花火が打ち上がります。

photo by Barney Moss

南半球、日本と季節は真逆のオーストラリア。広大な土地を持つ国。

学校や仕事でできた友達と一緒に、イベントやホリデーなどのプログラムに参加すれば、特別な思い出になること間違いなしです。

関連記事リンク(外部サイト)

バイロンベイの5つの魅力!オーストラリア最東端の街とは
ブリスベンのオススメ観光スポット10選
【実録オーストラリア】私が目にしたオージー東海岸の素敵スポット4選
シドニーのオペラハウスを楽しむなら「ビビッド・シドニー」が超クール

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABIPPO.NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP