ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

原宿“カワイイ”文化は寺山修司の小説から生まれた?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

原宿“カワイイ”文化は寺山修司の小説から生まれた?
J-WAVEで放送中の番組「OTHERS」(ナビゲーター:ふかわりょう)。10月8日のオンエアでは、原宿の”kawaii(カワイイ)”カルチャーを世界へ発信するアートディレクター・増田セバスチャンさんが登場しました。

増田セバスチャンさんは、カワイイカルチャーを象徴するショップ「6%DOKIDOKI」のプロデューサーを務めるほか、きゃりーぱみゅぱみゅさんの「PONPONPON」「つけまつける」のミュージックビデオのアートディレクションを手がけたことでも注目を浴びました。また、TV番組や企業のキャンペーン、世界各国での個展など、活躍の場を広げています。

そんな増田さんが、原宿でカワイイカルチャーで生み出すことになったのには、実は意外な出合いがきっかけだったそう。高校生の頃、休日は原宿の「ホコ天」でライブを見る生活を送っていた増田さんは、卒業後は大阪に移りますが、土地に馴染めず、ひきこもり状態に…。しかしそんな日々の中、図書館である本との運命的な出合いをすることになります。

「いろんな本を読む中で出合ったのが、寺山修司の『書を捨てよ、町へ出よう』でした。当時はすごく将来に悩んでいたのですが、とにかくこのままじゃいけないという気持ちにさせられて。それで東京に戻って、寺山修司みたいな世界を自分でも作れるようなクリエイターになりたいと思ったんです」(増田さん、以下同)

しかし、決意を持って東京に戻っても迷走の時期が続き、自分の表現を求めて再び原宿の地に降り立ちます。

「わかってくれる人は絶対にいると思っていました。それで、自分が10代のときに通った、あの原宿なら…自分をわかってくれるんじゃないかと、原宿に行ったんです」

そしてついに1995年、思い出の地である原宿で「6%DOKIDOKI」をオープン。SNSの登場を機に、お店の存在は一気に世界で知られることになります。Myspaceでお店のHPを作ったところ、世界中から問い合わせのメールが殺到。SNSによって、原宿のカルチャーを求める人同士がつながったのです。「原宿は街自体がコミュニティの性格を持っていたのですが、それがそのままインターネットに移動したと思った」と増田さん。

その傍ら、アートディレクターとして、当時お店の常連だった高校生のきゃりーぱみゅぱみゅさんをファッション雑誌の表紙に取り上げ、原宿発のアイコンへと導いていきます。

「もっともっと作りたいものがある」と話す増田さん。増田さんの夢は、これからもますます進化していきそうです。

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。

【番組情報】
番組名:「OTHERS」
放送日時:毎週土曜 22時ー24時
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/others/

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。