体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「暮らすように旅を続ける」母と6歳の娘。都市生活を捨てて見つけた、大切なもの

「暮らすように旅を続ける」母と6歳の娘。都市生活を捨てて見つけた、大切なもの

いまある日常をすべて捨て、自由気ままな無期限の旅に出る…あこがれはあれど、簡単にできることではありません。それをスパッと決断。6歳の娘とアジア圏を暮らすように旅を続ける女性がいます。海外ノマドの彼女に言わせると、「旅をしながら生活する方が都市生活よりも安い」。

旅をしながら生活する方が
都会の生活よりも安くすむ

「暮らすように旅を続ける」母と6歳の娘。都市生活を捨てて見つけた、大切なもの

働きづめの毎日に追われていた2015年の秋、私(Evie Farrellさん)には6歳の娘エミーの顔を見る暇もなかった。一年後の今現在(9月に寄稿されている)、私と娘はベトナムのホイアンという街でスイカのジュースを一緒に飲んでいる。今日は屋台でそばを食べたり、田んぼの合間を自転車で走り抜け、ビーチでも遊んだ。

アジアの国々を巡る、夢のような1年。この街が今の滞在地だ。旅のコストは、私たちの国で普通の生活をした場合と比較すれば、ほんのごくわずか。

実家のあるシドニーでの生活費の高さといったら、どんな大都市にも劣らないほど。一般的な住宅ローンは平均世帯収入より約35%高く、そこに交通費、食費、光熱費が乗ってくれば、どうしたって財布は空になるか、家計は苦しくなる。

ある程度いい暮らしをするために頑張って働くことと、その暮らしを楽しむのに時間を割くことの両立は、じつのところなかなか難しいものだ

忙しい毎日を埋め合わせるべく、数ヶ月おきにエミーを海外旅行へ連れて行っていたものの、どこか消化不良の気持ちがつねに付きまとった。そしていつしか私は、ボルネオ島での格安旅行を経てシドニーで過ごす普段の生活よりも、時間をかけてアジアの国々を旅行する方が格段に安いことに私は気付いた。

快適さよりも
はるかに大切なものがある

「暮らすように旅を続ける」母と6歳の娘。都市生活を捨てて見つけた、大切なもの

そこで長期旅行の計画を始めた私。旅行の計画は、使わない家財道具の整理へとつながり、旅行の費用をまかなうため売り払うことに。キッチンをリフォームするために貯めていた貯金も旅行の費用へ回し、ついには会社も辞めてしまった。

それでも、母と娘二人の思い出を作ることは、優雅な暮らしをすることよりもはるかに大切なことだと当時の私には思えたからだ。

保険と航空券を買い、旅行中に我が家を賃貸に出すため修繕し、出発の1ヶ月前から仕事を休んだ私たちの手元には、1年分の旅費2万豪ドル(約157万円)。シドニーでの生活費からすればほんのわずか、それでもアジアでの生活にはこれで十分だった

ネットがつながれば
どこにいても仕事はできる

「暮らすように旅を続ける」母と6歳の娘。都市生活を捨てて見つけた、大切なもの

いまロングステイとも違い、私たちのように家族で長期旅行をする人は意外に多い。貯金と家賃収入がメインの私たちのような選択肢もあれば、旅の費用を道中で稼いでしまうアクティブな家族もたくさんいる。

たとえばオンラインビジネスや旅のブログの執筆、フリーランスでの仕事や現地でのスポット収入を得ることだって。旅行中に収入を得る方法は多様な働き方に等しく、それこそ星の数ほどあるはずだ

それを支えているのがインターネット環境の改善だろう。最近では、宿泊施設のほとんどで安定した高速Wi-Fiが利用できるし、到着時に現地のSIMカードを買えば、電話やインターネットだって安価で使うこともできるから。

ウミガメとともに泳ぎ
トレッキングで汗を流す。
子どもには自然が教科書

「暮らすように旅を続ける」母と6歳の娘。都市生活を捨てて見つけた、大切なもの「暮らすように旅を続ける」母と6歳の娘。都市生活を捨てて見つけた、大切なもの
1 2 3次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy