ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Redmi Note 4の廉価版「2016051」が中国で認証を取得

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Xiaomi が Redmi Note 4 の廉価版と見られる「2016051」を開発していることが分かりました。工信部での認証取得によってこの機種の存在が確認されました。この機種は、8 月 25 日に発表された「Redmi Noe 4」にはない 2GB RAM + 16GB ROM というメモリ構成なので、おそらく、Redmi Note 4 の廉価版です。また、2016051 は 10 コアプロセッサを搭載していますが、CPU クロック数は最大 2.0GHz と若干低めに設定されています。上記のほか、Android 6.0、背面に 1,300 万画素カメラ、前面に 500 万画素カメラ、4,000mAh バッテリーを搭載しています。バッテリーについても、Redmi Note 4 から 100mAh 少ないようです。Source : TENAA

■関連記事
Samsung、交換済みGalaxy Note 7の発火問題を受けて生産を一時的に停止したと伝えられる
Androidに別れを告げてiPhoneに乗り換えるときに役立つデータ移行アプリ「Move to iOS」の使い方
Honor 6Xか? デュアルカメラを搭載したHuawei BLN-TL10が中国で認証を取得

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP