ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

たった10万円で超安定スタビライザー付の一眼レフ変態カメラマン?になれる電動式ギンバル(Gimbal)

  • ガジェット通信を≫


一眼レフで4K/30fps動画が当たり前の時代になりました。プロから初心者まで一眼レフで動画を撮影しています。みなさんも一眼レフで動画撮影していますよね。

2015年ぐらいから低価格でありながら高品質な電動式スタビライザーのギンバル(Gimbal)が登場してきました。10万円台とアマチュアでも購入できる価格帯ながら、プロの業務用としても利用されている性能があります。ひと昔前なら数十万円以上していた機材です。今なら、誰でもスタビライザー付の変態カメラマンになれます。

あ。ちなみ並行品でも入手できますが、電動式ギンバル(Gimbal)はバランス調整や設定が、なかなか難しいので、サポートしてくれる国内のカメラ関連の販売店で購入がお勧めです。海外から購入すると涙目になる可能性が高いっす。

電動式ギンバル(Gimbal)って何

スタビライザーとは、カメラの水平を維持する装置です。ギンバルとはジャイロを利用した機材です。今までは機械式(動力が無い)が主流でした。最近ではブラシレスモーターの普及等により、電動式が増えています。

ロール・ピッチ・ヨー軸の水平や加速度をセンサーで分析して、動いてもカメラを推定に保つことができます。映画のような浮遊感のある滑らかな映像を撮影できます。

見たまえ。この超安定した変態的な機動力を!

論じるより動画を見た方が簡単です。低価格&高性能な電動式ギンバルの先駆けであるメーカーFilmpower製のNebula 4200の動画で紹介します。

Filmpower製のNebula 4200動画はこちら
https://youtu.be/8A3aBipNFX0

このNebula 4200は3軸に加えて、上下左右などさらに2軸のスタビライザーが追加されています。5軸のより変態度が高いタイプです。

こんな状態でもカメラが水平です。

さらに両手で斜めでもカメラは水平。

急激にダッシュ。

走ってもカメラは水平。

エグザイルをしてもカメラは水平です。

グイっと回転してもカメラは水平。

ハイハングルでもモチロンカメラは水平です。

ハイアングルから一気にローアングルでも、まったくカメラは水平です。

ガタガタ揺らしてもカメラは水平です。もうかなり助平です。

激しく動いて、ニヤニヤしながら撮影できます。

他にも走って叫びなら撮影(https://youtu.be/l8jHRriapsU)だってできます。

もちろんストリートでかっこよい撮影(https://youtu.be/pKRhj1_dzxE)だって可能です。

これであなたも動けるカメラマンに

仏像のようにカメラを持って動かないあなたも、一眼レフを搭載できる電動式ギンバル(大体1kg以上の重量へ対応した機種が目安です)を購入すれば、「運動神経の良いデブ」的なポジションになれること間違いなしです。動かない変態から動ける変態になれます。

オススメの電動式ギンバル(Gimbal)メーカーは3つです。1.2kg以下のデジタル一眼レフ(Sony αシリーズ、Panasonic GHシリーズ、EOS Mシリーズ)で撮影するならば、FILMPOWER Nebulaシリーズがお勧めです。最大で1.6kgぐらいのカメラまで搭載できます。

それ以上の大きいカメラで撮影するならば、最大で6kgぐらいのカメラまで搭載できるDJI Roninシリーズ、Freefly MOVIシリーズの電動式ギンバル(Gimbal)がお勧めです。

FILMPOWER Nebula
http://filmpower.us/

DJI Ronin
http://www.dji.com/jp/ronin

Freefly MOVI
http://freeflysystems.com/movi/m10

ちなみにスタビライザーを購入する前にレンタルで借りて、使い方や操作方法を試してみるのがお勧めです。レンタルの場合、お店で使い方を教えてくれたりします。ちなみに記事最初の画像は、こちらで借りて撮影して記事にしました。

スタビライザー レンタル(デジタルホビー)
http://digitalhobby360.jp/shopbrand/stabilizer/

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
タチット | 見てさわってレビューしたり作ったりするサイトの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP