ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

GOOD ON THE REEL、10年目にしてたどり着いた初野外ワンマンが大成功

DATE:
  • ガジェット通信を≫

GOOD ON THE REELが10月9日に初の野外ワンマンライブを日比谷野外音楽堂にて行なった。

東京は早朝から激しい雨が降り、午後からは曇り空。ステージ設営は土砂降りの雨の中で行なわれていた。傘をメインロゴにするほど、雨バンドと異名を持つGOOD ON THE REELの初の野外ワンマンライブである日比谷野外音楽堂の空は晴れるのか?と誰もが不安を抱えていたが、開演時間が近づくにつれ空には夕焼けが顔を出した。東京の日没は17時15分。開演時間の空は曇ってはいるものの、秋らしい風が吹いていた。

そして17時35分、50回記念シングル曲として発売された「雨天決行」でライブはスタート。「50回目、そして10年目にしてたどり着いた野音です。楽しんでいってください」と千野が語ると、彼らのライブでは珍しく1曲目から気持ちが高まった満員のオーディエンスが手を挙げていた。

活動初期の作品から最新作まで、50回記念ライブを噛みしめるように演奏され、中盤では「夏の大三角〜つばみ〜24時間」3曲をアコースティックセットで披露。ライブ後半では、盛り上がりも最高潮に差し掛かったところで、千野が「シャボン玉を飛ばそう 君が息する証として♪」と歌いかけた「シャボン玉」。そのメッセージを受け取った客席のあちこちから飛ばされたシャボン玉が会場のライトに照らされ、夜の野音に儚げに漂う幻想的な光景が広がる。

直後のMCで千野が「今日という日の証にお客さんと一緒にこの景色を見てみたかった」と語ると、その日最も大きな拍手が会場に鳴り響いた。

アンコールではできたての新曲「砂漠」を初披露。現在、絶賛楽曲制作中とのこと、次作の発表が待ち遠しい。約2時間半のステージはここから始まる未来に向かって確実な一歩となったに違いない。

Photo by 安藤未優

【セットリスト】
雨天決行

ユリイカ

それは彼女の部屋で二人

2月のセプテンバー

エターナル・サンシャイン

夕映

夏の大三角

つばみ

24時間

rainbeat

ゴースト

シャボン玉

REM

サーチライト

ホワイトライン

素晴らしき今日の始まり

シャワー

-encore-

砂漠(新曲)

うまくは言えないけれど

ハッピーエンド

-W encore-

Mr.Week

















カテゴリー : エンタメ タグ :
OKMusicの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP