体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

お屋敷町の猫 猫という現象  - マンション騒動記⑩ -

第10回 お屋敷町の猫

真左子は車で紙野の家に向かっていた。
紙野栄三。近江さんのご主人に会いに行ったとき、理事長の大竹のことを知りたいのなら話を聞いておけと言われた男だ。ダイハツのタントは快調に山手通りを南下していく。初台のオペラシティを過ぎたあたりで渋滞に巻き込まれたがその後はまあまあ順調だった。
空はどんより曇っていて今にも雨が降り出しそうで蒸し暑かった。
エアコンを入れると寒くなったので窓を開けたが、吹き込んでくる生ぬるい湿った風が不快だった。

281005猫現象

真左子はハンドルを握りながら「猫を餓死させない方法」について考えていた。
独居老人が孤独死したとき残された猫を餓死させない方法だ。
新品のカリカリの袋を普段から目につく所に置いておけばよいかもしれない。
お腹の空いた猫はいざとなったら袋を引き破ってカリカリを食べるだろう。
しかし、それも解決にはならない。いつかはカリカリもなくなる。
定期的に老人の安否確認をしてくれる人がいればよいかもしれない。
老人が死亡しているのを発見したらすぐに猫を保護するのだ。
しかし、保護した猫はどこへ行けばいいのか?
真左子の知り合いにシェルターをやっている人がいるが、そこで受け入れることができるのは10匹くらい。いつも保護猫で満杯だ・・・。
真左子の思考はそこでストップした。

旧山手通りに入り高架の下を抜けたところでカーナビが「まもなく目的地に到着します」と無表情にアナウンスした。
道沿いに駐車スペースが1つ空いていた。ラッキー。
駐車スペースにタントを滑り込ませ、停める。
無事到着。
エンジンを切って運転席から道路を見渡してみた。真左子が住んでいる辺りとは行きかう車の種類が少し違っていた。やたらにベンツが目につく。真左子の車の前のスペースに駐車しているのは大きなアウディだった。
傍らのパーキングメーターに100円玉を3つ入れて出てきた紙を取り、フロントガラスの内側に貼った。
目の前はマレーシア料理のレストランだった。
紙野の家はここから少し歩く。
家で印刷してきたマピオンの地図をトートバッグから出した。
紙野の家までの道順を頭に刻み込んで地図をしまい脇道を奥に入っていく。
高級そうな低層マンションや住宅が建ち並ぶ地域だった。
数分歩くと損害保険会社の保養寮があった。広い敷地にゆったりと建っている。
こんなに広い敷地で何をやるのか? 散歩をするのだろうか?
60メートルほど進んで小さい十字路を右に曲がった。建ち並ぶ住宅の敷地は真左子の住んでいる街と比べると10倍くらい広かった。
ようやく門柱に「紙野」の表札を見つけた。
真左子は紙野の家の様子を確かめるため道路に面した生垣の前をゆっくりと歩いた。生垣は全長20メートル近くある。綺麗に手入れされてはいなかったが荒れているというほどでもない。背伸びして生垣の中を覗いた。庭の奥に古い平屋の日本家屋があった。築50年以上は経っているだろう。
あまりウロウロしていると近所に人に怪しまれる。
真左子は正面に戻った。
門柱の右側がガレージになっていて薄いグリーンのプリウスが停めてあった。本塗装前の下地のような色にも見えた。
「つくば」ナンバーだった。
なぜつくばナンバーの車がこんな所に・・・。真左子は不思議に思った。

1 2 3次のページ
にゃんこマガジンの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会