ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

今がチャンス? 中国で行くべき「チェンドゥ」の魅力

DATE:
  • ガジェット通信を≫


J-WAVEで放送中の番組「SEASONS」のワンコーナー「JUN THE CULTURE」(ナビゲーター:藤原ヒロシ)。10月8日のオンエアでは、中国のチェンドゥ(成都)を紹介しました。

藤原は10年前、チベットへ行くための飛行機の乗り継ぎで成都を訪れたそう。「そのときは、本当に何もない田舎の都市だった」そうですが、最近10年ぶりに成都を訪れたところ、その変貌ぶりに驚いたそうです。

「六本木ヒルズみたいな街があって…吹き抜けのApple Store、洋服屋、大きなスタバ、素晴らしいホテル! でもその隣には、昔ながらの人たちが住んでいて。その格差というか落差がすごかったんです。でも、時間と共に開発でなくなっていくと思うので、今が行くチャンスだなと思いました」

北京や上海よりも昔の街並が残っている一方で、現在は海外からの投資家により、ビルがどんどん建設されているようです。

そして四川省の真ん中に位置する成都。日本で提供される“四川料理”と本場の料理はかなり違うようで、「本国の人たちは内臓系が好きみたいで、唐辛子で真っ赤な鍋の中に、串に刺さった、どこのパーツかもよくわからないものをどんどん突っ込んで食べるって感じなんですよ」とのこと。

そこで気づいたのが、テーブルの上に置かれた黄色い缶。中にはごま油が入っていたそうです。これを小皿に注ぎ、その上にパクチー、オイスターソースをかけ、それを辛い四川料理に付けて食べたところ…

「辛さがマイルドになって、すごくおいしかったんです!」と感動した藤原。担々麺もいろいろな種類があり、「日本人も行ったら楽しめるんじゃないでしょうか」とオススメしていました。

ちなみに、パンダを抱っこすることもできるそうですが、朝早い時間に行かないと抱っこできないため、今回は藤原は諦めて帰ってきたそうです(笑)。飛行機で日本から5時間半ほどの成都。旅行先の候補にいかがでしょうか?

【番組情報】
番組名:「JUN THE CULTURE」
放送日時:毎週土曜 14時10分ー14時30分
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/seasons/culture/

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP