ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

たまには「温かいビール」なんていかがですか?【レシピ&作り方つき】

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ジンジャーエールとビールを混ぜた「シャンディ・ガフ」や、トマトジュースを混ぜた「レッド・アイ」など、ビールを使ったカクテルは日本でも一般的ですが、こんな飲み方はまだ日本ではあまり知られていないのでは?

ここではリース恵実さんの著書『ビール語辞典』(誠文堂新光社)を参考に、ちょっと変わった温かいビールの飲み方「グリュービール」を紹介します。

様々なレシピがありますが、お酒以外の材料や作り方はホットワインとほぼ同じ。寒い季節にぜひ試してみて!

冬にはこんなビールもあり


【用意する材料】

・ホップの少ない、モルトの風味が豊かなビール…2,500ml

・ミカン…3個(皮と房)

・はちみつ…1/2カップ

・生姜のすりおろし…小さじ2

・クローブ…6粒

・シナモンスティック…3本(軽くつぶす)

・八角…2個

・ナツメグ…少々

・バーボン…ショットグラス2杯分

・クランベリージュースやりんごジュースなど…ショットグラス2杯分

ひと手間かけてカラダの芯からポカポカに

【作り方】

① ビールとはちみつ、ジュースを鍋に入れて中火で加熱し、生姜を加える。

② よく洗ったミカンをむいて房を加え、皮は別のボウルに入れる。

③ みかんの皮をすりこぎなどで潰し、鍋に加える。

④ 温まってきたらスパイスとバーボンの半量を加える。アルコールが点火しないように気をつける。

⑤ 良く混ぜて沸騰直前まで温まったら、弱火にしてコトコト煮る。

⑥ 一時間経ったら残りのバーボンを加える。味見して好みでバーボンやはちみつ、スパイスの量を調整する。

⑦ スパイスを漉して熱々で飲む。

【番外編】お手軽にビールの「熱燗」なんていかが?

「グリュービール」は材料を用意するのが大変だけど、温かいビールを飲んでみたい!という人は、ビールの熱燗とも言うべき「ホットビール」を試してみては?

つくり方は簡単。鍋に沸かしたお湯に、蓋を開けたビールを突っ込んで温めればOK(※蓋をしたままだと危険なので要注意)。とくに北ヨーロッパの寒冷地域で楽しまれている飲み方で、アルコール度数の高い冬向きのビールでやるのがオススメですよ!『ビール語辞典:ビールにまつわる言葉をイラストと豆知識でごくっと読み解く』著:リース恵実、監修:瀬尾裕樹子(誠文堂新光社)

最近は種類や味が豊富になり、珍しいものも手に入りやすくなりましたが、その文化や歴史に触れると、とっても奥深いビールの世界。そんなビールにまつわるあらゆる言葉を、豊富なイラストとともにまとめてくれています。いまさら聞けないことから、ビールあるあるまで、今夜のつまみにしたい一冊!

関連記事リンク(外部サイト)

余ったビールで、料理を美味しくする「3つの小ワザ」
冷蔵庫に「◯◯しかない」。なのに絶品料理ができる変身レシピ!【まとめ】
試してみて!「お家ビール」が劇的においしくなる4つのコツ

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP