ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

母子ともに危険な「常位胎盤早期剥離」 1%の確率に、まさか自分が入るなんて

DATE:
  • ガジェット通信を≫

突然の破水

夜中、お手洗いに行くと破水していました。

お腹が張る頻度は増えたものの、数日前の診察では

「まだまだ産まれそうにないけど、いつ産まれても大丈夫だから、たくさん動いてください」

と言われたくらいでした。

産院で子宮口のチェックをしたところ、予定日よりも早くまだまだ産まれる気配はなかったのですが、破水していたので入院になりました。

翌日、先生の勧めで無痛分娩で出産する予定に。

日付の変わった午前0時過ぎ頃から、弱い陣痛が始まりましたが、何とか耐えられる程度でした。

徐々に陣痛の間隔が10分、5分、2分と短くなりました。

2分おきにくる強烈な痛み。

出産経験者から「陣痛は痛いよ!」と聞いていましたが、こんなにも痛いなんて!

産まれる気配もないということで、主人や母は帰宅してしまったので、誰もいない部屋で一人、叫びながらひたすら陣痛と戦いました。

朝方5時頃、赤ちゃんの心拍を確認する機械をお腹に付けたとき、看護師さんや助産師さんが慌ただしくなりました。

「赤ちゃんの心拍が弱くなってきているから、緊急で帝王切開にするからね!」

と言われ、突然のことで何が何だか分かりませんでした。

「お母さんは左を向いたままでいてくださいね!できれば動かないように頑張って」

(動かないようにって…そんなに危ないの?なんで?赤ちゃん本当に大丈夫?)

看護師さんの言葉に頭の中はパニックになり、全身が痙攣してしまいました。 関連記事:「早く切って下さい」陣痛中、赤ちゃんの心拍が急低下…緊急帝王切開に

朝早い時間のため、看護師や医師の人数が少なく、駆けつけてくれた主人にストレッチャーに乗せてもらいました。

立ち合いを楽しみにしてくれていた主人。

帝王切開の場合は手術になるため立ち会うことができません。

手術室の中でも一人、ずっとお腹の赤ちゃんのことが心配でした。

私たち夫婦のところに来てくれた赤ちゃん。

さっきまで私のお腹の中で元気に動いていた赤ちゃん。

なのに今は赤ちゃんが危ないなんて。

無事に産んであげたい!ということしか考えていませんでした。

予定日より16日も早く私のお腹から出てきた赤ちゃん。

帝王切開のため、抱きしめてあげることはできませんでしたが、横になっている私の隣に寝かせてくれました。

本当は「頑張ったね。産まれてきてくれてありがとう」って一番に抱きしめてあげたかった。

主人にも、この子が産まれてくる喜びを一緒に感じさせてあげたかったです。

大きな産声を聞いたとき、本当に元気に産まれてきてくれたことが嬉しくて、涙が止まりませんでした。

あとから先生に「常位胎盤早期剥離」だったと言われました。

「1%の確率で常位胎盤早期剥離は起こると言われています。赤ちゃんが産まれてから胎盤を取り出すのですが、何らかの原因で胎盤が剥がれかかっていました。

そうなると、赤ちゃんへ酸素などが送られなくなり、呼吸ができなくなってしまいます。また、お母さんも大量出血などが起こり、母子ともに大変危険な状態だった為に、緊急帝王切開での出産になりました」

と言われました。 関連記事:自覚症状はむくみだけ…38週、突然の出血から緊急帝王切開になった原因は

主人も、

「もしかしたら別の病院へ搬送するかもしれません。赤ちゃんかお母さん、どちらかの命が危ない可能性もあります。最悪の場合は…」

と、先生から言われていたようです。

1%の確率…。

もしかしたら、赤ちゃんも私も…。

そんなに危険な状態だったなんて。何も言葉が出てきませんでした。

まさか自分がその1%に入るなんて思ってもいませんでした。

何が起こるか分からない妊娠、出産。

命の誕生は奇跡であること。

産まれてきてくれてありがとう。

本当にそう心から思うことができました。

著者:怪獣ママ

年齢:28歳

子どもの年齢:1歳

1歳になったばかりの息子がいます。

元気いっぱいの息子と毎日過ごし、ヘトヘトですが、充実した日々を送っています!

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

関連記事リンク(外部サイト)

緑と黒が混じったような破水。まさかの羊水混濁で、出産直後に泣き声をあげなかった息子
妊娠7ヶ月。通勤中に急いで走ってまさかの転倒!お腹の赤ちゃんは大丈夫!?
生まれてきた赤ちゃんが泣かない?! 無事に出産…と思った直後に感じた恐怖

赤すぐnet みんなの体験記の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP