ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

日本語に訳すのが難しい「英語の味覚表現」5選〜甘くておいしいベトベト?〜

DATE:
  • ガジェット通信を≫

私たちの生活と切っても切り離せないのが、食べ物。食べ物に関することばを探ると、各文化の特徴が見えてきて面白いものです。

日本にはあまり見当たらない、味覚に関する英語表現を5つ挙げてみました。

SMOKY


炭火で焼いたお肉の香ばしさ、燻製料理のふくよかな香り、これらを英語でsmokyと表します。燻製の仕方もいろいろで、applewood-smoked bacon「リンゴの木でいぶしたベーコン」、hickory smoked sausage「ヒッコリーの木でいぶしたソーセージ」などと細かく表現されます。

バーベキュー好きなアメリカ人はとりわけsmoky味が大好きなようで、ポテトチップスやドーナッツ(!)にまでsmoky味が存在します。

WAXY


マッシュポテトなど粘性のある食べ物を食べたとき、ねちねちした後味が残りますが、その感触をwaxyと表します。主にネガティブな意味で使われます。waxは、蝋(ろう)や床を磨くワックス、耳垢のこと。それらの感触を食べ物に当てはめればイメージしやすいでしょう。あまりイメージしたくないですが(笑)。

■あわせて読みたい
海外から理解されにくい日本人の「気持ち」5選〜「ほっこり」って何!?〜
海外から理解されにくい日本語の「味覚」3選〜「滋味」って何!?〜
海外から理解されにくい日本語の「食感」5選〜「ふわとろ」って何!?〜
海外から理解されにくい日本の伝統色〜白黒はっきりしない文化がここにも!〜

GRAINY


大麦やオーツ麦やふんだんに入った雑穀パン、ナッツがたっぷり入ったグラノーラやクッキー。またはキヌアのサラダ。健康ブームに伴って増えてきたこれらメニューの食感を、grainyと表します。粒(grain)がたくさん入っていて食べごたえがあり、ざくざく歯ごたえがある感じです。日本食でいえば十穀米のぷちぷち感が近いでしょう。

DRY


日本語でもそのまま「ドライ」といいますが、ビール、ワイン、ウィスキーなどお酒の辛口のことをdryと表します。カーッと口の中が乾くような感触は、確かにdry。

ちなみに「辛い」を表す英単語は、他にもhot、spicy、pungentがあります。和食にはあまり刺激的な味は使われないため、辛味の表現は少なめなのかもしれません。

GOOEY


ねっとり甘いチョコレートやファッジなどの食感をgooeyと表します。日本語にすれば「べとべと」「どろどろ」「ねばねば」などが適当かもしれませんが、gooeyには「甘くて美味しい」というニュアンスも含まれるため、日本語にあてはめるのはなかなか難しいです。

アメリカでgooeyなお菓子といえば、マシュマロとチョコレートをグラハムクラッカーにはさんだs’more(スモア)。キャンプやバーベキューの締めくくりに、みんなで火を囲んで味わいます。口の周りがべとべとになりますが、美味しくて楽しいスイーツです。

以上、日本語に訳すのが難しい英語の味覚表現でした。
日本にはない味覚表現を求めて海外へ出かけるのも、面白い旅の形かもしれません。

■あわせて読みたい
海外から理解されにくい日本人の「気持ち」5選〜「ほっこり」って何!?〜
海外から理解されにくい日本語の「味覚」3選〜「滋味」って何!?〜
海外から理解されにくい日本語の「食感」5選〜「ふわとろ」って何!?〜
海外から理解されにくい日本の伝統色〜白黒はっきりしない文化がここにも!〜

[All photos by Shutterstock.com]

関連記事リンク(外部サイト)

【日光】リピートせずにはいられない!女子会にもぴったりな「あさやホテル」
まさか◯◯のCMだったなんて!衝撃のクオリティに隠された秘密とは?
天草で体験する大人の癒し!心も体もきれいにしてくれる感動ホテル

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABIZINEの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP