ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

トヨタが開発した人の感情を読み取る手乗りサイズのロボット「Kirobo mini」が登場

DATE:
  • ガジェット通信を≫

10月4日~7日までの4日間、千葉県の幕張メッセにて開催されたアジア最大規模のテクノロジーショー「Ceatec Japan 2016」に、手乗りサイズの可愛らしいロボット「Kirobo mini」が登場した。

注目のロボットを開発したのは、日本の自動車メーカー大手、トヨタ自動車だ。

・スマートフォンとの連動で会話可能に

まず、Kirobo miniとのコミュニケーションには、スマートフォンが必須である。スマートフォンと連動して初めて会話が行える状態となる。

フル充電の状態で、約2.5時間にわたり連続的にコミュニケーションをとり合うことが可能であり、話し相手としては十分であろう。

・音声認識機能を搭載

独自の音声認識機能を搭載しており、人間の顔を凝視して感情を読み取り、時折身振りを交えながら会話を進めることができるそうだ。

日本の自動車メーカー大手が開発したロボットということもあり、自動車関連の会話強化にも努めている。車好きな方は新たな話し相手として候補に入れるとよいだろう。

・手のひらサイズ

Kiroro miniは手のひらサイズのロボットだ。これはソフトバンクのPepper君との決定的な違いであろう。

身長は10センチメートル程度であり、手のひらにすっぽり収まる大きさだ。体重はわずか183グラムであり、身体に対して負担がかかるほどのものではない。

まるで手乗り文鳥に話しかけるように、手のひらの上のKirobo miniに一声かけるだけで、話している人間の表情がロボットに伝わり、人間とロボットとの間に友情が生まれる。

人間とロボットとの距離が一気に縮まったことで、両者の共存の可能性が開拓されたと言えよう。

Kirobo mini

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP