ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【感動】原宿でアフリカ南部の国「ザンビアフェア」が開催中 / ザンビアの激ウマなグルメが食べられる

DATE:
  • ガジェット通信を≫

毎年恒例のアートイベント「デザインフェスタ」が展開する複合施設「デザインフェスタギャラリー」(東京都渋谷区神宮前3-20-18)。ここでは2016年10月31日まで「ザンビアフェア!-ZAMBIA FAIR-」が開催されています。原宿の裏側といわれている「裏原」の地域で開催しているのです。

・ザンビア共和国ってどんな国?
いざ裏原! ……の前に、ザンビア共和国のことをかる~くおさらいしておきましょう。ザンビア共和国とはアフリカ南部にある、世界三大滝のひとつ「ビクトリアの滝」で知られる内陸国です。

今もゾウやカバなどさまざまな野生動物が生息し、アフリカの原風景が残るザンビア共和国。現在開催中の「ザンビアフェア!-ZAMBIA FAIR-」は現地の定番フードや工芸品に出合える、たいへん貴重なイベントです。



・たった500円! 必食のザンビアフード
本イベントの一番の目玉はずばりザンビアフード。期間中「デザインフェスタギャラリー」内に併設するカフェ&バーでは、会場限定のザンビアフードをなんとワンコイン(500円)で楽しめます。

食事時には、4品のおかずとシマ(白トウモロコシの粉で作る主食)が付くザンビアプレート」を。もう一つの「チトンプワ(ザンビアドーナツ)+コーヒーセット」はおやつにぴったりなメニュー。注文後に揚げるドーナツは、熱々で外はカリッと香ばしく、生地はしっとりやわらか。蜂蜜につけてディップして食べるのが現地流です。日本でなかなか飲めない、希少なザンビア産のコーヒーとともにどうぞ。



・ザンビアメイドの工芸品が素晴らしい!
また施設内にあるギャラリーWEST館1階では、現地の伝統工芸品をずらりと展示。アフリカンキルトで作られたエプロンやタペストリーをはじめ、天然石や貝殻使用のアクセサリーなど、どれも眺めているだけで心華やぐうつくしさです。ザンビア女子に不可欠なリング(500円)は、おみやげにも喜ばれそう(絵皿など一部非売品)。

実際に訪れるチャンスがなかなか無い、アフリカの国々。まずは気軽に行ける「ザンビアフェア!」でアフリカンカルチャーにふれてみませんか?





ザンビアフェア!-ZAMBIA FAIR-
住所: 東京都渋谷区神宮前3-20-18
期間: 2016年10月1日(土)~31日(月)
時間: ギャラリー11:00~20:00 / カフェバー 11:00~23:00
休日: 日祝木

もっと詳しく読む: 【感動】原宿でアフリカ南部の国「ザンビアフェア」が開催中 / ザンビアの激ウマなグルメが食べられる(Photrip フォトリップ) http://photrip-guide.com/2016/10/09/zambiafear-urahara-event/

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Photrip フォトリップの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP