ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【トラベルにも最適】美容部員に聞いたコスパGoodな用途別洗顔料

DATE:
  • ガジェット通信を≫

女性にとって、洗顔はとても重要だと話してくれたのが、都内のドラックストアで美容部員として働くKさん。

お店には沢山の洗顔料があるので、自分の肌に合うものを選ぶのは難しいですよね。

そこで、今回Kさんに、ドラッグストアで買える用途別洗顔料を教えて頂きました。


太陽笑顔fufufu2016-03-01 発売号
Fujisan.co.jpより

美白重視

*ソフティモ ホワイト 薬用洗顔フォーム

洗顔して洗い流しただけでもワントーン明るくなったという方が多く、口コミで人気のある商品。きめ細やかな泡になり、もっちりとしているのに洗いあがりはさっぱりとしていて、すぐにお肌がカピカピに乾燥することもないと評判です。使い続けたら美白が期待できる洗顔フォームだと話題。メラニンを含んでいる古い角質をしっかり落としてくれます。

 

ソフティモ ホワイト 薬用洗顔フォーム

http://www.kosecosmeport.co.jp/face/wash/wjgn.html

 

雪肌粋 ホワイト洗顔クリーム

手のひらを軽く合わせるとすばやく泡立ち、その泡がとてもクリーミーなので優しくお肌を包み込みながら洗顔できる洗顔クリーム。このキメ細かい泡で、メラニンやくすみなどが含まれている古い角質を落としてくれますので、表面だけでなく、毛穴の汚れもすっきり! が、実感できます。保湿性にも優れているので、洗顔後もつっぱらずに透明感のあるお肌になると評判です。

 

雪肌粋 ホワイト洗顔クリーム

http://www.sekkisui.com/products/wash.html

 

ロゼット 洗顔パスタ ガスールブライト

配合されている、モロッコで昔から石鹸のように使われてきた粘土“ガスール”は、お肌の汚れを吸着して取り除くとともに、ミネラル分を含んでいるのでしっとりとお肌を整えてくれると言われています。泡立てると粘り気のある泡に変わり実感できると思います。また、アルガンオイルも配合され、しっととした仕上がりになると評判です。

 

ロゼット 洗顔パスタ ガスールブライト

https://rosette.jp/products/detail.php?product_id=127

 


marisol(マリソル)2014-10-07 発売号
Fujisan.co.jpより

乾燥重視

ロゼット洗顔パスタしっとりタイプ

天然のイオウ成分が、肌の余分な角質や皮脂を優しく取り除き、肌トラブルを防ぎます。洗った後はつっぱらずにスベスベだと、リピーターが多い洗顔料です。次から次へと新商品が出てくる中、昔ながらの超ロングセラーというのも納得です。

 

ロゼット洗顔パスタしっとりタイプ

https://rosette.jp/products/detail.php?product_id=82

 

ビオレ スキンケア洗顔料 リッチモイスチャー

洗顔フォームの定番素肌に優しい、弱酸性ビオレのリッチモイスチャー。従来の製品よりも洗浄成分を1割減らしているため、肌に負担のかかりにくいマイルドな使用感が実感できます。クリ-ミーで柔らかな泡が、乾燥した肌に潤いを残しながら優しく洗いあげてくれるので、洗顔後はしっとりモチモチだと評判です。

 

ビオレ スキンケア洗顔料 リッチモイスチャー

http://www.kao.com/jp/biore/bio_washfoam_rich_moisture_00.html

 

ちふれ 洗顔フォーム しっとりタイプ

アミノ酸系洗浄成分配合で、肌に必要なうるおい(油分)を残しながらも、余分な皮脂やよごれはしっかり洗い出してくれます。コクのある豊かな泡でソフトに洗い上げ、くすみのない透明感のある素肌に仕上げると評判です。

 

ちふれ 洗顔フォーム しっとりタイプ

http://www.chifure.co.jp/products/facewash/2129.html

 

自分に合った洗顔料があるのであれば変える必要はありませんが、年に2回春夏、秋冬と見直すのもいいかもしれません。

 

皮脂が増える春夏は、さっぱりした洗い上がりの洗顔料にして、丁寧に泡立てて、ベタつきやすいTゾーンからしっかり洗うようにする。乾燥が気になる秋冬に洗顔石けんを変える場合は、保湿剤成分配合の洗顔料がおすすめです。

 

これからの季節、乾燥対策になるような洗顔料を見つけに行きますか?

カテゴリー : エンタメ タグ :
マガジンサミットの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP