ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

アマゾン・スタジオも出展 ニューヨークComic ConのVR体験

DATE:
  • ガジェット通信を≫

10月6日から9日の期間で、ニューヨークで開催している漫画などの文化に関するコンベンション「New York Comic Con 2016」より、ひときわ目を引くVR展示を紹介します。

『The Man In The High Castle』

アマゾン・スタジオは、2015年のComic Conでも展示していたオリジナルコンテンツ、『The Man In The High Castle』を展示。

HTC Viveを用いた本体験では、プレイヤーは不思議な人気番組の世界に迷い込み、脱出の手がかりを集めて襲い来る敵と戦っていきます。

Viveの最前線技術を取り込んだゴージャスな世界は、他のどんなコンテンツにもないユニークな体験を実現しています。

NY Comic Con 2016

Comic Con(コミコン)は、SF、ゲーム、漫画、アニメなどのコンテンツが目白押しのイベント。

ここ数年VRコンテンツの展示も増えてきており、今年はただ見せるだけではなく、より快適な体験を追求するブースも増えてきました。

今回のニューヨーク開催でもひときわ目を引いたコンテンツたちを紹介します。

ハロウィンがテーマのホラー体験


New York Haunted Hayrideが展示していたのは、いくつかのホラー体験です。

360度コンテンツ制作を手がけるJaunt VRが共同で制作しています。新しいVRホラーシリーズのパイロット版である『The Game』に加え、『Escape of the Living Dead』、『Zombie Purge』、『Black Mass』(黒ミサ)などのコンテンツが展示されました。

さらにVR体験ルームとしてハロウィンにちなんだ360度動画を体験できるコーナーもあり、Netflixの『Stranger Things』、ワーナー・ブラザーズの『スーサイド・スクワッド』、さらに『Cirque』や『Hellevator』といったコンテンツを含んでいます。

『John Wick Chronicles』

LionsgatesとStarbreezeによる『John Wick Chronicles: An Eye For An Eye』は、FPSをベースにしたアクションゲーム。

7分のプレイでは、ヨーロッパ風のホテルを舞台に、銃や格闘での戦いが楽しめます。

本タイトルのフルバージョンは、2017年公開予定の原作映画『John Wick: Chapter 2』と近い時期にリリース予定です。

イベント会場には他にも様々なVRブースが展示されており、VRは今後もより注目のコンテンツとなりそうです。

(参考)
VR Scout / Your Guide To The Best VR Exhibits at NY Comic Con 2016(英語)

vrscout.com/news/guide-vr-exhibits-ny-comic-con-2016/

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Mogura VRの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP