ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Google Playストアアプリのデザインが一部刷新

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Google が、一部の Android ユーザーの Google Play ストアのレイアウトを変更していることが分かりました。今回変更されたのはトップページのプロモーションセクションで、検索バーと一体表示だったプロモーションアプリの表示枠が下に移動し、通常のバナー表示に変わっています。一方、アプリやエンタメのセクションはプロモーションセクションの上に移動し、各カテゴリのセクションや人気ランキングのような表示となっています。この変更はまだ一部のユーザーにしか適用されておらず、手元の端末では確認できませんでした。おそらく、このように変更したのはプロモーションアプリのクリック率を高めるためと思われます。以前の表示だとプロモーションアプリは単なるデザインとしてしか見えませんが、新しいデザインだと通常のバナーとして見えるのでクリック率が向上すると予想されます。Source : Smart Droid

■関連記事
Huawei、10月19日にKirinプロセッサの新モデルを発表か?
Xperiaで充電が完了した際に音が鳴るようにする設定方法
Galaxy S8はMWC 2017開幕前日の2月26日に発表か?

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。