ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Nシステムは通過車両のナンバーを撮影し続ける

DATE:
  • ガジェット通信を≫

路上に設置されているカメラは多種多様。自動速度取り締まり装置であるオービスはよく知られていますが、「Nシステム」や「Tシステム」といった監視カメラも存在してます。そこで、オービスとも混同されやすいNシステムについて、見ための特徴や役割などを詳しく見ていきましょう。

Nシステムとは車両のナンバーを撮影

Nシステムとは、通過車両のナンバープレートを撮影し続けている警察の監視カメラです。Nシステムの正式名称は「自動車ナンバー自動読取装置」といいます。1986年に初導入されました。

Nシステムは、路上に設置された赤外線ストロボとCCDカメラでナンバープレートを撮影します。ストロボとカメラがそれぞれ独立したものもあれば、一体型のタイプも存在。世代によって形状がさまざまです。

Nシステムが撮影したデータは、犯罪捜査で車両の追跡に利用されます。よく犯行に使われた車両の移動ルートがニュースで報道されたりしますが、これはNシステムの撮影データによって解析されたものです。

Nシステムとの大きな違いは赤色灯

Nシステムが間違えられやすいのが、オービスのLHシステムです。道路に埋め込まれたループコイルで車速を計測して、路上に設置された赤外線ストロボとCCDカメラで違反車両を撮影する自動速度取り締まり装置です。

LHシステムで確認できるのは路上の赤外線ストロボとCCDカメラ。Nシステムと変わらない構成のため混同されます。Nシステムとの大きな違いは、LHシステムには赤色灯付きのボックスが併設されていることです。

なお、路上の監視カメラのTシステムも通過車両のナンバープレートを撮影しています。交通状態の管理が目的で、管轄は国土交通省です。正式名称は「旅行時間計測システム」。撮影データはNシステムのデータと統合されているといいます。

関連記事リンク(外部サイト)

駐禁をとられても警察に出頭する必要はない
駐車禁止を警察が取り締まれない「植え込み」
交通違反キップをサイン拒否したらどうなる?
覆面パトカーの見分け方は追い抜くクルマの車内
ネズミ捕り対策はスマホの取り締まりアプリ!

カテゴリー : エンタメ タグ :
ラジオライフ.comの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP