ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

盛り上がるパフェの世界 目の前で作られる洋梨とチョコの絶品

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 持ち帰り前提のケーキと違い、できたてを食べてもらえると、パティスリーではまるでフランス菓子なパフェを出すところが増えている。

 ケーキのショーケースの奥に9席のカウンターがある東京・神楽坂の『アトリエ コータ』では、オーナーパティシエの吉岡浩太さんが、目の前でパフェを作ってくれる。

「ぼくも高校時代、ボクシングの減量明けにファミレスで食べた思い出 がありますが、パフェにはごほうび感がありますね」

 フレッシュクリーム、クッキー、赤ワインのゼリーで食感に変化をつけたパフェは、素材のわかりやすさを大切にしているという。

 写真は、洋ナシとプラム、ミルクチョコのパフェ(1300円)。かんきつ類の皮とバニラで香りづけした洋ナシのコンポートが主役。トップにのせる飴細工は、目の前で超スピーディーに完成させる迫力の技。

≪Shop Data≫
『アトリエ コータ』神楽坂店
住所/東京都新宿区神楽坂6-25
〈カウンターデザート〉
14:00~18:00LO(土日祝は11:00~)予約がおすすめ。
〈テイクアウト〉
10:00~20:00(土日祝は~19:00)
休日/月曜、不定休(テイクアウトは無休)

※女性セブン2016年10月20日号

【関連記事】
神楽坂で全国の地ビール飲める店 樽生以外に瓶ビールも豊富
神楽坂の「餃子100個」挑戦 冗談から生まれた企画だった
ミシュラン掲載の神楽坂のそば店 会津産そばと充実した酒肴

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP