体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【この発想はなかった】たこ焼き器でサシ飲みつまみフルコースを一発調理! 

グルメ
f:id:uralatokyo:20160920141731j:plain

鉄板を挟んで友達、家族、パートナーとゆるりとサシ飲みしてみませんか? たこ焼き器を使えば複数のつまみを一気に調理できますよ~!

f:id:uralatokyo:20160920141816j:plain

ウチでこのところ使用頻度が高い調理器具がYAMAZENというメーカーのたこ焼き器。たこ焼きをするのはもちろんですが、中身の具をぶつ切りにしたウィンナー、野菜、餅などに変えて楽しんでいます。

さらに最近は飲み用の肴を作る機器としても活躍しています。とはいえ特に難しいことはなく、穴に油を塗って具材を放り込み、塩コショウを振るだけ。ウチのは6×4列で計24個穴があるタイプ。各列でジャンル分けをし6つの料理を同時調理してみました!

これがフルコースのラインナップだ!

第1の列・海鮮焼き

f:id:uralatokyo:20160920141619j:plain

色々な具材を食べられる冷凍のシーフードミックスを使うと便利。イカ・エビ・アサリが入ったものがよく売っています。ちょっと贅沢に行くならマグロやタコのブツもオススメ。そういう時は半分を刺身で、もう半分を焼きで楽しんでいます。

第2の列・野菜焼き

f:id:uralatokyo:20160920141613j:plain

穴に合わせて切った野菜を入れるだけですが、プチトマトやマッシュルームならそのまま使えます。プチトマトは水分が飛ぶためか、生と比べると味が凝縮してびっくりするほど甘くなりますよ。キノコ類は焼けてヒダから汁が出てきたら、醤油とレモンをちゅっとかけてそのままパクリ! コーンは仕上げにバターを入れるのがテッパンです。

1 2 3 4次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会