体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

子どもに言ってはいけない13のフレーズ。「はい、おしまい」「どうでもいい」

子どもに言ってはいけない13のフレーズ。「はい、おしまい」「どうでもいい」

「愛する子どものために、いつだって素敵なママでいたい」。そうは思っていても、忙しい日々の中ではイライラしてしまうこと、ついつい声を荒げてしまうことってありますよね。

とくに、やってほしくないことを面白がってやられたり、聞き分けがなかったりすると…。子どもと過ごすのは、本当に忍耐が必要です。

だからと言って子どもを不必要に傷つけることは言いたくないものですが「Your Tango」にまとめられていた「言ってはいけないフレーズ」は、どれも聞き覚えのあるものばかり。子どもだって、大好きなママから言われた何気ないひとことに傷ついているのかもしれません。

01.
「泣くのはやめて」

子どもに言ってはいけない13のフレーズ。「はい、おしまい」「どうでもいい」

聞き分けなく泣いているときには、つい「泣かないで!」って言いたくなっちゃいますよね。でも、大人にとってはイライラしちゃうような理由でも、子どももそれなりの理由があって、泣くほど動揺しているということなんです。

「泣くのはやめて」と言ってしまうと、自分の気持ちを出すことはいけないことなんだ、自分の気持ちは認めてもらえないんだ、と感じてしまいます。

02.
「ママがやってあげる」

子どもが「自分でやる」と言ったから見守っていると、どうしてもイライラしてしまいがち。急いでいるときや、うまくいかないとわかっているときは、とくに手を貸したくなってしまうもの。

だけど、子供の気持ちを聞かずに横から手を出すことだけは避けましょう。代わりに「手伝いが必要?」と聞いたり、「こうやるともう少し簡単にできるよ」とコツを教えてあげると、やりたい気持ちを摘まずにすみます。

03.
「そういうことする子は嫌い」

子どもに言ってはいけない13のフレーズ。「はい、おしまい」「どうでもいい」

子どもは時々信じられないことをしたり、癇癪を起こすこともありますが「子どもってそんなものだ」と思っておいたほうがいいのかもしれません。

ママだって完璧じゃありません。「あぁ、もう今この瞬間は、我が子でも嫌いだわ」と思ってしまうほどのこともあるでしょう。でもそれは、心の中にとどめておくこと。

ではどうするか。「そういうやり方は嫌」とか「そういう話し方は嫌だな」というように、“やり方”を指摘するようにしましょう。

04.
「泣くことなんて
なにもないじゃない」

これもよく聞くフレーズですが、よくよく考えてみると「泣く理由がない」なんて勝手に決めつけるのは良くないこと。大人が泣いているのを見かけたとき、同じことは言わないですよね?

泣くのには子どもなりの理由があって、疲れたりお腹が空いたりしていて、動揺するのはまったく悪いことではないのです。こんなときは優しく「どうして泣いているの?」と理由を尋ねてあげましょう。

05.
「そんなことすると
赤ちゃんみたいだよ」

子どもに言ってはいけない13のフレーズ。「はい、おしまい」「どうでもいい」

子どもが少し成長してくると、頻繁に口にしてしまうかもしれません。

でも子どもってそんなに簡単に大人になるわけじゃありません。大きくなっても子どもは子ども。ときに赤ちゃんみたいなこともあるけど、それが当然だと思っておけば、少しは気持ちがラクになるかも。

06.
「あなたのために
たくさんのことを
犠牲にしているのよ」

1 2次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。