ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

この食べ方を知ったら、もうフツーの「焼きトウモロコシ」には戻れない

DATE:
  • ガジェット通信を≫

BBQの鉄板「焼きトウモロコシ」。醤油を塗りながら焼いて熱々のうちに食べれば、気分も最高潮。でもこれでは“定番”の域から脱せない。そこで、さらにイマドキ感を演出する方法があります。

それが「グリルドコーン」です。え、同じだって?いえいえ、これがまったくの似て非なるもの。

NYを中心に大流行した
プリミティブな
焼きトウモロコシ

ビジュアルから、ただの焼きトウモロコシと思っていただいちゃあ困ります。トウモロコシの上からたっぷりのチーズ、スパイス、ライムジュースをかけるという食べ方がニューヨーカーに大ウケしたキューバ料理なんです。

ミュージシャンやセレブまでが、こぞってグリルドコーンにかじりついている写真をInstagramにアップし話題に。今年5月には東京・代官山に初上陸(Café Habana TOKYO)したことでも知られています。

バーベキューでつくるグリルドコーンのレシピ

レシピはいたってカンタン。火が通るまでこんがり焼いたトウモロコシ2本にバターを適量ぬって、器に盛りつけます。パルメザンチーズ大さじ2、黒コショウ、チリパウダーを適量ふったら、最後にライムをしぼる。

トウモロコシの甘みとスパイスの刺激、ライムの酸味や香りの組み合わせが最高!是非トライしてみて。

関連記事リンク(外部サイト)

NYで大人気のキューバン・レストラン「Cafe Habana」が日本初上陸!(5/28 OPEN)
冷蔵庫に「◯◯しかない」。なのに絶品料理ができる変身レシピ!【まとめ】
知っているようで知らなかった。日本初のブランド卵「ヨード卵・光」の7つの真実

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP