ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【簡単レシピ】10分以内で完成! みんな大好き「豚肉の生姜焼き」はこんなに簡単にできる

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ご飯に合うおかずベスト3に入ると思われる「豚肉の生姜焼き」。

みんな大好きなおかずなので、

下味を付けてから焼くとか隠し味にヨーグルトを使うとかケチャップを使うとかお酢を使うとか片栗粉を付けてから焼くとか、いや小麦粉だとか玉ねぎも一緒に焼くと甘みが増すとかいろんなことをみなさん研究しておられますが……、

ゆきちゃめゴンはそんなめんどくさいことは一切しません。

材料は3つだけ!

薄切りの豚肉 250gぐらい すりおろした生姜 2かけ分ぐらい めんつゆ(3倍濃縮のものを薄めずにそのまま使用) 大さじ3杯

以上!

すりおろした生姜は面倒ならチューブのものでも大丈夫ですし、濃縮のめんつゆがない場合は

[醤油大さじ1.5杯、みりん大さじ1.5杯]

におきかえてもOK!

あとは焼くだけ! なのですが、覚えておきたいポイントは2つ。

1つめのポイントがあるとすれば、あえて私は薄めの肉がよいと思っています。

「生姜焼き用」といって売られているもののなかでも薄めのものを選ぶか、もしくはしゃぶしゃぶ用肉なんかもおすすめです。

薄い方がすぐ焼けるし、味もしみ込みやすくて簡単においしくなるのです。

あとは焼くだけ

で、あとは焼くだけです。

まずフライパンに油をひき、 肉を乗せて行きます。

豚肉って、なぜか折りたたんだ状態でパックされていることが多くて、そのまま焼くと火の通りがよくないのでちょっと面倒ですけど広げてから焼きます。

これが2つめのポイントです。

というかこれぐらいしかポイントがないほど簡単なんですわ。

肉を広げながらフライパンへ。

焼けてきたら裏返します。

全体に火が通ったら生姜を投入。

生姜のいい香りがしてきます。

生姜が行き渡ったら、めんつゆをジャーっとかけちゃいます。

こんな感じにフツフツしてきたら完成!

いざ、いただきます

お皿に盛りつけて、と。

いいテリだ!

おいしそう!

いただきます!

「!」多すぎだけど気にしない!

ご飯にワンバウンドさせ、少しタレをご飯にしみ込ませ、うぅぅ、たまらない!

生姜焼きとご飯のゴールデンコンビ、フォーエバー。

最後に

キャベツとはよく合うので、個人的にはあったほうがいいとは思うのですが、野菜なんかいらん、肉! 肉! 肉だけあれば! という方はキャベツもナシでご飯に直接のっけて「生姜焼き丼」にしてもよいと思います。むしろそっちのほうが豪快かもしれないですね。

とにかく簡単なので、ぜひトライしてみてください!

書いた人:ゆきちゃめゴン

食べることばかり考えています。弱いのにお酒も好きです。ふだんはエディトリアル系を中心にDTPデザイナー。東京の下北沢?渋谷あたりで生きています。万年ダイエッターでしたが、最近痩せることをあきらめました。Small Happy Thingsというサイトにも参加中。 ウェブサイト:Small Happy Things 小さな幸せについて考えるサイト

過去記事も読む

関連記事リンク(外部サイト)

【まだまだかき氷ざんまい】気になるあの子との話題作りに【まとめ】
【桃カレー】なんと「桃」を材料にしてしまう絶品カレーのつくりかた【東京カリ~番長】
【マンガ】ヤバすぎるうまさの「酒盗ピザ」を自作した話【絶品! 晩酌天国】

カテゴリー : グルメ タグ :
メシ通の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP