体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

カレーときどき村田倫子 #4 オクシモロン 二子玉川

「春夏秋冬、朝昼晩カレーが食べたい!」そんなカレー好きによる、カレー好きのための連載。持ち物は、お財布とカメラと、ほとばしるカレー愛。自他共に認める、無類のカレー好き村田倫子ちゃんが、都内のカレー屋さんを訪ねます。

オクシモロン:日本語で言う撞着語法。反対の意味の語を組み合わせることにより、奥行きのある印象を生み出す語法のこと。例「永遠の一瞬」、「公然の秘密」、「小さな巨人」、「サウンド・オブ・サイレンス」など。

早くも、第4回目! 今回は、カレー屋さんというよりはカフェのような、見るもおしゃれな『オクシモロン』へ。二子玉川駅すぐの玉川髙島屋S・C 内南館7Fにあり、大きなガラス張りの扉からは、庭園が臨めます。都会にいながら過ごす、ゆったりとした時間。心も休まりそう。

おしゃれで、ゆったり過ごせるだけじゃない。和風のキーマやそぼろを使ったカレーなど、他のお店ではなかなか食べられない味が、オクシモロンの何よりの魅力。学生さんからファミリー層にまで、幅広いファンを持つ素敵なお店です。

内装のテーマカラーは、渋みのあるオリーブグリーン。テーブルやカウンターの明るいブラウンとの相性も抜群。
「コーヒーとプリンもください」
優しく温かみのある店内は、カレーを食べ終わっても、まだもう少しいたくなる。そんな空間。

お皿も店内のテーマカラーに合わせて、作家さんにオーダーしたというオリジナル。彩り鮮やかな野菜や、生クリームを添えた焼き菓子をのせると、絵のようにしっくりくる。マットで、ディープで、そして、ウァーミング。
お店の世界観が凝縮されたよう。

店内の明かりも、丸くて優しい。そこに、頬杖ついた倫子ちゃんが。
これもまた絵になりますね。こっちを見た瞬間、思わず、パチリ。

人が入るとまた素敵さが増す、深度と奥行きのある空間。
「素敵!」カメラマンさんも小さく叫び、角度を変え、背景を変え、何枚もシャッターを切ってくれました。

「カレー専門店というよりは、ちょっとしたケーキがあって、美味しいコーヒーがあって、そして、お店の定番メニューとしてオリジナルのカレーがある。そういう喫茶のような空間にしたかったんです」
そう語るのは、ディレクターであり、シェフの村上さん。白がよく似合う、笑顔の優しい美しい人。(後に成人しているお子さんがいると聞いて、一同唖然としてしまうという一幕も!)

 

1 2 3次のページ
HARAJUKU KAWAii!! STYLEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy