ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

『果julia/』パリパリ食感なのに口の中に果汁の味わいが広がる新感覚!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

グリコからパリッとした食感と甘酸っぱいフルーツのおいしさを共存させたという果実チップス『果julia(カジュリア)/』(各42g・希望小売価格 税抜180円・2016年9月6日発売)が登場した。濃厚おつまみチーズスナックとして人気の「チーザ」の製法技術を応用したという甘口お菓子。いったいどんなものなのだろうか。

苺の甘酸っぱさが楽しめる『果 julia 』

          

 パッケージには苺54%と表記されている。内容量は42グラム。ポテトチップスの小袋よりも、量的には少なめだ。チップの中には苺の果肉が75%、クリームの中には31%使用されているとのこと。

ショートニングは、マーガリンから水分と添加物を抜いた植物性油脂だ。味付けは乳糖やいちごパウダーが主である。アレルギー物質として、乳成分・小麦・大豆があるので注意しておこう。

保存方法としては直射日光を避け、28度以下の涼しい場所が勧められている。というのも、チップスの半分にはたっぷり果肉入り苺クリームでコーティングしているからだ。溶けてしまうとベトベトしてしまうのである。しかし、冷蔵庫にいれておけば、手が汚れる心配はないので安心していただきたい。

実際に取り出してみると、これぐらいの大きさ。一口サイズだ。だが、口いっぱいに頬張るのはオススメしない。この果julia(カジュリア)は、チーズの濃ゆさがウリのスナック「チーザ」と同様に、濃厚さがウリのお菓子なのだ。チップ1枚をかじってみるとわかるが、強烈な苺の味が口の中に広がる。苺フレーバー好きならたまらないだろう。

内容量は数値上は少なめであるが、満足度は一枚一枚がもつ、この強い味わいを考えれば適切だといえる。食感はパリパリ。冷やしておくと、よりそのつよくパリパリを楽しむことができる。苺のフレーバーが苦手な人は絶対にやめておくべきだが、むしろ好きな人には是非とも味わっていただきたいところだ。

次は、りんご味の検証である。苺味は、強烈な苺の甘酸っぱさがたまらなかったが、りんご味の方はどうだろうか。

りんごの風味がやさしく甘い『果 julia』

こちらはりんご32%と表記されている。苺54%だったので、ちょっと見劣りするかもしれない。だが味わいはキッチリとりんごの味が効いている。チップの中にはりんごの果肉が44%、クリームの中には19%使用されているとのこと。

基本的な材料の構成は変わらない。当然ながら、いちごパウダーがアップルパウダーに変化しているぐらいだろうか。一箱あたりのカロリーは、こちらのほうが1カロリー高いものの、誤差の範囲といえるだろう。アレルギー物質に、りんごが表記されている。果肉入りクリームがウリなので、これもしかたない。

こちらもりんごの味がかなり濃厚だ。すりおろしリンゴを食べている気分になる。もしかしたら、風邪のときに食べたくなるかもしれない。苺味よりもベタベタ度は低いように感じた。

苺よりも生っぽさは断然こちらが上と言いたい。果肉の割合は、苺のほうが数値上は多いはずなので、果物の特製によるものか。はたまた、科学技術とりんごの味の再現の相性がよいのか。食感はサクサク。苺味と比べると、若干こちらのほうが脆い口当たりだった。りんご好きな人なら、ぜひとも味わって確かめてほしいところだ。

まとめ:いちご味やりんご味の好きな人にはオススメ

味の濃さに関しては、両方とも高いと胸を張っていえる。だが、濃すぎるために、人によってはくどいと感じてしまうかもしれない。軽めの味を求めているのであれば、オススメはしない。だが、がっつりといちご味やりんご味のフレーバーを楽しみたい人は食べておくべきだろう。

一緒に口にする飲み物は、あまり甘いものでないほうがいい。きっと口の中で喧嘩してしまうからだ。牛乳ぐらいがちょうどよさそうだ。

関連記事リンク(外部サイト)

『カプリコのあたま<いちご味>』少年時代の夢想が現実になったかと期待満点で挑んだが…、コレジャナイ!
『やさしい甘さのポッキー』香料・着色料不使用で子ども向けおやつにも最適な新路線!
『アーモンドプレミオ ROYCE’コラボ』は自分用バレンタインに最適!? ストレスもとろけるご褒美美味チョコ!
『ポッキー 高原のソフトクリーム味』味もパッケージも春らしい遊びゴコロ満載で楽しい!
新発売!今度のチーザは『生チーズのチーザ』が2種! 本物のチーズらしさがグッと増して、サクサクの食感に!

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
おためし新商品ナビの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP