ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

コーヒーと一緒に、デザート感覚で食べたい「甘いトースト」3つのレシピ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

甘いものが大好きな人も、普段そんなに食べない人も、カラフルで気分の上がる「SWEET TOAST」は、ステキな1日のはじまりにぴったり。

誰もが食べたくなるようなメニューとセンスのある盛り付けがInstagramで話題の、ひとみさん。彼女の著書『パンばか食堂』より、マネしたくなるレシピを厳選して紹介します。

大好きなパンとコーヒーを組み合わせて、デザート感覚でどうぞ。

01.
常備したくなる美味しさ。
手作りあんこの
「あんバタートースト」

子どもの頃はそんなに好きではなかったのに、大人になってから大好きなったあんこ。小豆の新豆が出る頃によく粒あんを炊きます。一度にまとめて作って、すぐに食べないものは密封袋に入れて冷凍保存。必要なときに必要な分だけ、ポキンと折って解凍できるので便利です。焼きたてのパンにバターと一緒に乗せれば、最高に美味しい1枚のできあがり。

【材料(1枚分)】
食パン  :1枚
つぶあん :適量
バター  :大さじ1

【作り方】
1.食パンをリベイクする。
2.つぶあんを1にたっぷり乗せて、バターを乗せる。
3.トースターに2を入れて余熱でバター溶かす。

 02.
トーストで季節を楽しむ
「梨とぶどうのオープンサンド」

季節ごとにほとんどの旬の果物をパンに乗せて食べている気がします。なので、梨を食べるともう夏休みも終わりだなあ…と思うのです。このレシピでは、お気に入りのフランボワーズとショコラのコンフィチュールをパンに塗った上に並べていますが、チョコレートソースやメープルシロップだけでも美味しいですよ。梨のシャクシャク感とぶどうのプチプチ感を楽しみましょう。

【材料(1枚分)】
食パン :1枚
梨   :1/2個
ぶどう :適量
メープルシロップ、チョコレートソース :各適宜

【作り方】
1.食パンをリベイクし、チョコレートソースを塗る。
2.梨をスライスし、ぶどうは皮を取り、1に乗せる。
3.好みでメープルシロップをかける。

大きいぶどうのときは半分に切って乗せてください。チョコレート系のジャムやソースとの組み合わせがオススメです。

 03.
いつもより優雅な朝食、
ティータイムに
「ティラミストースト」

子どもの頃から、甘いケーキが食べきれず、ケーキバイキングに行ってもミートパイばかりを食べるほどガッツリ派だった私。でも、甘すぎないティラミスは昔から大好きなのです。思い立ってやってみたら、まぁ美味しい。一人でのんびりした朝ごパンに食べれば、まさに贅沢の極み。マスカルポーネがないときは、サワークリームで作ってもさっぱりしますし、クリームチーズでも美味しいです。

【材料(1枚分)】
食パン     :1枚
マスカルポーネ :適量
ココアパウダー :適量
[コーヒーシロップ]
 インスタントコーヒー :小さじ1
 砂糖 :小さじ1
 水  :小さじ5

【作り方】
1.コーヒーシロップの材料を耐熱皿に入れて電子レンジで30秒ほど加熱し、コーヒーと砂糖を溶かす。
2.食パンにコーヒーシロップを塗り染み込ませ、トースターで2分ほど焼く。
3.マスカルポーネを塗り、ココアパウダーを茶こしでふるう。『パンばか食堂 毎日食べたくなるおうちパンレシピ70』著:ひとみ(ワニブックス)

Instagramのフォロワー13万人を超えるひとみさん初の著書。彼女の探究心から生まれた家族を笑顔にさせるパンレシピは、どれもマネしたいものばかり。1年365日パンを焼き続けた中から、アレンジトースト、スイーツトーストなど反響の大きかった70のレシピを大公開します。

関連記事リンク(外部サイト)

インスタグラマー「keiyamazaki」が作る、美しい朝ごはん。中でも、トーストにうっとり・・・
冷蔵庫に「◯◯しかない」。なのに絶品料理ができる変身レシピ!【まとめ】
サクッとレンジレシピ8選。忙しくてもしっかり朝食を!【まとめ】

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP