ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

色も香りも違う!アラブ諸国のコーヒーとは

DATE:
  • ガジェット通信を≫


J-WAVEで放送中の番組「〜JK RADIO〜TOKYO UNITED」(ナビゲーター:ジョン・カビラ)。「Cleansui MORNING TABLE」のコーナーでは毎回、世界各地の食卓を紹介しています。10月7日のオンエアでは、中東のサウジアラビア王国をピックアップしました。

イスラム教徒の人々は毎日、「メッカ」の方向に向かって祈りを捧げ、今年の大巡礼では世界中から200万人近い信者が訪れています。その街の中心地、高層ビルが立ち並ぶ一角にあるのが、地上600メートルあまりという、世界トップクラスの高さを誇る「メッカ・ロイヤル・クロック・タワー・ホテル」。その頂上近くには、遠く離れた場所からも時刻を読み取ることができる、直径46メートルという巨大な世界一高い時計台があります。

その大きさたるや、ロンドン名物の時計台「ビッグベン」の6倍! 2012年に最先端の建築技術を駆使して完成し、外観はまるでSFの世界のようです。建設費は一体いくらかかっているのでしょうか…(笑)。

そんなサウジアラビアの朝は「カフワ・アラビーヤ」で始まります。「カフワ」はコーヒーの語源になったという説もあるそうです。アラブ諸国でよく飲まれる「カフワ・アラビーヤ」は、色も香りも一般的なコーヒーとは一味違います。

片手鍋に焙煎したコーヒー豆を粉にして入れ、砕いたカルダモンを加えて、水を注いで火にかけます。「沸騰しては火を止める」、という作業を繰り返し、上澄みの部分を小さなカップに注ぎます。

お酒を飲む風習がないイスラム教では、みんなで「カフワ」を飲むことは、「感謝を表す」「友好関係を築きたい」など、さまざまな気持ちを込めてもてなす、という大切な意味があります。

お店などでは小さなコップで出され、コップが空になると継ぎ足してくれるのですが、「もう結構です」というときには、コップを横にして軽く振るのがサインだそう。

砂糖は入れず、甘いナツメヤシの実と一緒にいただくのが定番。私たちの知っているコーヒーとはまったく違う味わいの「カフワ・アラビーヤ」、ぜひ飲んでみたいですね!

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。

【番組情報】
番組名:「〜JK RADIO〜TOKYO UNITED」
放送日時:毎週金曜 6時ー11時30分
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/tokyounited/

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP