ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

身近にあるものに名前を付けるとそれがお守りに変わる!? 『朝にキク言葉』でみつけた「モノと心が通じ合う」方法

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
111122.jpg

ひすいこたろうさんの『朝にキク言葉』(サンマーク出版)を読みました。

まず、びっくりしたのが、マイスピに掲載された「龍&アニキ」さんの「神様が教えてくれた、運気をアップする『朝散歩』」のお話が収録されていたことです。

「気の流れ」についてのスピリチュアルなお話が、ベストラー作家のひすいさんの本に収録されていることに驚いたのですが、読み進めていくと、「モノにも意識がある」という、さらなるスピワールドに突入しました。
 

「はい。あなたの想像を超えた世界に突入です。
モノにも魂があるんだそうです。だから、駐車のときは絶対、前(顔)を見せて駐車してほしいという顔に自身がある車や、逆に後ろ向きで駐車してほしい車、車にも一台一台個性があるのだとか。
モノにも意識があるから人と同じように接する…..人と人とのコミュニケーションが一方通行じゃないように、モノに対しても、話しかけるだけじゃなく、聞いてあげることも大切なのだそうです

「モノにも意識がある」これは、多くの人が感じたことがあると思うのですが、車にも顔に自信がある車と、シャイな車があったなんて! そして、

「『ひすいさん、パソコンに名前をつけていますか?』と聞かれました。
あ、つけていなかった。名前をつけてあげるとモノとの意識がつながりやすくなるそうです

と、見逃せないお話が続きます。

「さてさて東京に戻ってきてからです。『昔、車で大事故を起こしたことがあって』と話す友達がいました。僕はピンときて、『車になんと名前をつけていたの?』と聞いたら、『なんで私が車に名前をつけていたのが分かったの?』と驚いていました。
無事だったからこそいま、目の前にいるわけで、ということは車が守ってくれたのではないかと思ったからです。事実、車が大破するほどの事故だったにもかかわらず、彼女の命に別状はなかったのだそうです。
やっぱり車が守ってくれたのです

そうなんです。「モノに守ってもらう方法」それは、「名前」をつけてモノと意識を通じ合わせることなんです。

と、いうワケで、ひすいさんからのメッセージは、「今日はあなたの大切なモノに名前をつけよう。」と締めくくられています。「命名」って、まさに「命を吹き込むこと」なんだと、名前のチカラのすごさを、改めて感じたお話でした。

ちなみに、『朝にキク言葉』には「1日の始まりを最高のスタート」にするための希望に満ちた「毎朝1分」の名言集が、全部で60話収録されていて、どれもココロに響きます。

あなたの体は、さっき食べたものでできているように
あなたの心は、さっき味わったコトバでできていきます

ひすい流「とびっきり新鮮な朝のコトバ」をぜひ味わってみてください。
(ことだま師水蓮)


(マイスピ)記事関連リンク
2012年版もやっぱり便利。鏡リュウジさん監修の『Sun & Moon Diary 2012』で星とともに暮らす
陰陽五行学であなたを鑑定してから作成してくれる!? 2012年『運が劇的によくなる手帳』
ネットや本には載っていない旬のキーワードがいっぱいで超使える!『Chakra』vol.14の「最新夢占い事典」が便利すぎ

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
グリッティの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。