ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

マクドナルドで生歌注文! 山下歩のポリシーとは

DATE:
  • ガジェット通信を≫


J-WAVEで10月7日からスタートした新番組「WITH」(ナビゲーター:武藤将胤)。ALS(筋萎縮性側索硬化症)と闘病しながら、脳力とテクノロジーを使い“NO LIMIT, YOUR LIFE.”というメッセージを発信し続けている29歳の武藤将胤(むとう まさたね)がナビゲーターを務める番組です。初回のゲストには、シンガーの山下歩さんが登場しました!

二人の出会いは約1年半前。意気投合した二人は狭いスタジオで一緒に曲作りをしたそうです。

SNSやYouTubeで作品をアップし続ける山下さん。たとえば、マクドナルドのドライブスルーで生演奏&生歌で注文してみる…など、まさに今の話題になりそうなユニークなコンテンツを発信していて、武藤もそこに魅かれ、山下さんのことをシンガーソングライターではなく、「クリエイティブ・シンガー」と呼ぶようになったそう。

武藤:歩くんは、コンテンツを作るときのポリシーってあるの?
山下:基本的に毎回実験なんですよね。新しい要素を入れてみて、それに対してどんな反応がくるかっていう…研究・実験のスタンスでやっています。
武藤:なるほど。逆に、ここはやらないようにしよう、という境目はある?
山下:いつも意識しているのは、今いるファンの方はもちろん大事なんですけど、それより一つ外にいかに広げるかってことを考えています。そこが判断基準ですね。広がる方、シェアされる方を選んできました。

また、さまざまな人たちとコラボレーションをし続ける山下さん。その理由も「刺激をもらって自分の幅を広げるため」と話します。

山下:自分が持ってないものを出されたとき、一瞬、「ん!?」って抵抗があったりするじゃないですか。でもそれが良くて。まずその“抵抗”を壊して、取り入れてってことをお互いに繰り返して新しいものが出てきますよね。
武藤:お互い、本気の挑戦者であればあるほど、絶対ぶつかるところもあるもんね。
山下:一緒に「With」書いたときも、少なからずありましたよね。
武藤:あった。ああいうコミュニケーションが、良いものを作る一つのエッセンスになると思いました。

ということで、放送では、そんな二人が作った楽曲「With」をオンエアしました。

さて、次回10月14日(金)のオンエアでも、引き続き山下歩さんに登場していただき、音楽のルーツになどについて伺います。お楽しみに!

【番組情報】
番組名:「WITH」
放送日時:毎週金曜 深夜2時30分−3時
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/dc4/

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。