ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

これさえあれば気持ちよく目覚められる!睡眠をコントロールする目覚まし時計『Kello』。

DATE:
  • ガジェット通信を≫

生活をガラリと変えることはむつかしいけれど、身近なところから少しずつ。そんなふうに、毎日の暮らしを、ささやかなところから前向きに変えていくことが出来たら、どんなに素敵だろう。最新のテクノロジーを使って、私たちが待ち望んでいた商品を次々と提案してくれるクラウドファンディングサイト『Kickstarter(キックスターター)』から、また魅力的な商品の登場だ。

私たちの眠りをサポートしてくれる、
頼もしい目覚まし時計『Kello』。

たとえば、夜、ベッドに入ってから素早く眠りの世界へ入っていけるような音楽を流してくれたり、眠っているときのリズムを分析して、いちばんのタイミングで起こしてくれたり。そんな、質のよい眠りをサポートしてくれるグッズが増えるなか、キックスターターが提案するのは、これまでありそうでなかった、自ら自然に目覚められるようになる、あたらしい目覚まし時計だ。

多彩な専用プログラムで、
眠りのクセを見直すことができる。

Kello』は、先に挙げたようなプログラムはもちろんのこと、数分の昼寝で体力を回復させるプログラム、フライト時の時差を解消するためのプログラムなど、「こんな機能があったらいいなあ。」と、誰もが一度は考えたことのあるような、快適な目覚めのためのプログラムが多数搭載されている。家に帰る時間が遅くなり、ついつい夜中まで起きてしまったり、眠る直前に恋人や友人から電話がかかってきたりなど……。夜更かしの理由はさまざまだが、Kelloさえあれば、自分の睡眠のクセを根本から見直すことができ、より深く心地よい、睡眠がとれるようになるのだ。

お気に入りの音楽を聴きながら
目覚めるという贅沢。

手持ちのスマートフォンと連携させれば、時計本体ではなく、スマホからアラーム設定ができたり、また、『Spotify』や『DEEZER』など、音楽のストリーミング配信サービスを使って、お気に入りの音楽で目を覚ますこともできる。

発売が待ち遠しい!
かわいいカラーリング。

疲れて帰ってきて、ほんとうなら、ベッドに入ってすぐに眠りたいのに、頭の中が活性化しているせいか、やけに寝つけない。あるいは、たっぷり睡眠をとったはずなのに、次の日の朝、体がだるいと感じることもあったりする。私たちの身体は、毎日コンディションが違うから、眠りの深度が変わるのは常である。この目覚まし時計は、朝、起こしてくれるだけでなく、早起きの習慣もつくってくれる。前日の疲れは、前日のうちに。疲れを持ち越さないためにも、日頃から良質な睡眠を心がけよう。Licensed material used with permission by Kello Labs

関連記事リンク(外部サイト)

「強烈ビンタ」で起こしてくれる目覚まし時計!これは欲しい!?
焼き立てパンの香りで起こしてくれる「目覚まし時計」Googleも太鼓判!
早起きをするための5つのコツと秘訣

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP