体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

どこへでも行ける「魔法のチケット」家族1人分が足りない時、子どもはどうする…?

ANAが9月26日、ある動画をアップしました。それは「1 Ticket ~魔法のチケット~」というもの。動画は「どんな家族旅行に行きたい?」と子どもに尋ねるところから始まります。

 

どんな家族旅行に行きたい?

ana2

夢見る「家族旅行」について絵を描いてくれた子どもたち。沖縄の旅行を夢見る子どもや、

ana3

家族で富士山に行きたいという子。

ana4

パパとママに疲れを癒してほしい、という理由から温泉に行きたいという子も。そんな子どもたちに、ある1枚のチケットが渡されます。

 

「魔法のチケット」

ana6

子どもたちに渡されたのは、世界中どこへでも行けるという「魔法のチケット」。「飛行機?」「このマーク(ANA)見たことある〜」と子どもたちも興味津々です。

しかし、子どもたちはあることに気づきます。

ana7

「4人家族なのに3枚しかない…」夢のような魔法のチケットは、家族の人数より1枚少なく渡されていたのです。これでは誰か1人が行けなくなってしまう…。

ana8

ママかパパか、それとも兄弟か、自分が行くのを我慢するか。誰の名前をチケットに書くべきか、悩み始めてしまいます。

ana

一緒に旅行に行けない1人に誰を選ぶのか?子どもたちの様子を見守るパパとママもドキドキです。パパも「俺じゃないかな?」と不安な様子。

ana9

みんなで一緒に行きたいのに、誰か1人を置いていかなければいけない。子どもたちは悩みに悩んで…。

 

子どもたちが下した判断は…?

ana10

しばらく悩んだ後、さっきまで書いていた名前を消し始めます。

ana15
1 2次のページ
TABIPPO.NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。