ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

鼻呼吸に変えるだけ?!キリッとした表情美人に

DATE:
  • ガジェット通信を≫

生物が生きていくために欠かせない呼吸。実は口呼吸ができるのは人間だけであるのをご存知でしょうか。鼻が詰まったときに口で呼吸できるのはありがたい!という時もありますよね。しかし人間も他の生物と同じように鼻呼吸を基本とするべきなんです。というのも、口呼吸をしていると美容面・健康面ともに悪影響を及ぼしてしまうのです。

なぜ鼻呼吸がいいの?

息が吸えるならどちらでもいいのでは、と思われるかもしれません。もともと鼻は呼吸をするのための器官であり、取り込んだ空気は処理されて体内へと送られます。空気には埃やウイルス、病原体などが混じっていますが、その約80%は鼻の粘膜で取り除かれます。ところが口は本来、消化器官です。取り込んだ空気は処理されないまま体内へ入っていきます。分かりますね、口呼吸をしていると身体を害するリスクが多くなってしまいます。また、鼻から入った空気は、温度・湿気調節されてから肺に送られますが、口から入った空気はそのまま肺へと直行します。肺は乾燥や低い温度に弱い臓器です。だから冬場は特に、口呼吸をしていると体調を崩しやすくなります。

口周りの筋肉強化がポイント

最近の若い世代は口周りの筋肉が弱いと言われますが、それに関連して口呼吸が増えているそうです。口を閉めたままでいるというのは、慣れていないと疲れるもの。つまり筋力が必要なのです。口周りの筋肉が衰えると口呼吸になるだけではなく、顔のたるみやシワなどができやすくなります。つまり鼻呼吸をすることは顔の筋肉を鍛えることにもなるのです。
普段口呼吸をしている方は、口を閉じているのがしんどく感じるかもしれませんが、意識的に口を閉じて鼻呼吸できるようにトレーニングしていきます。鼻が詰まっている方は、鼻の症状改善から始める必要があります。普段自覚がなくても、寝ている間に口呼吸をしている場合もあります。改善方法として、寝る前に医療用のテープを口に、縦に3箇所ほど貼って、鼻呼吸をするように促す方法があります。それにより朝起きた時の喉の痛みや口の渇きなどが改善されるでしょう。

鼻呼吸で免疫力アップ!

口呼吸は身体の免疫力を下げてしまうので、身体の不調が起こりやすくなります。例えばアレルギーや花粉症、さらにはリュウマチ、皮膚炎、歯周病など、他にもいろいろな疾患が出やすくなるそうです。鼻呼吸に変えることで免疫力が上がり、身体の不調が大きく改善されることもあるようです。口呼吸は百害あって一利なしです。口をキュッと締めているだけで顔の表情もキリッとする鼻呼吸、ぜひおすすめします。

writer:Akina

カラダにキク「サプリ」の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP