ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

現代最高峰のソウル・スタイリスト=エイドリアン・ヤング、全曲インストの新作で表現するは宇宙的ブラック・ミュージック

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 現代最高峰のソウル・スタイリスト、エイドリアン・ヤングのニュー・アルバム『ジ・エレクトロニーク・ヴォイド:ブラック・ノイズ』が2016年10月26日にリリースされる。

 ジェイ・Z、DJプレミア、コモンといったべテラン・アーティストにサンプリングされ、ゴーストフェイス・キラーにソウルズ・オブ・ミスチーフ、ビラルのアルバムのトータル・プロデュース、今年3月の初来日公演やケンドリック・ラマーへの楽曲提供も話題となり、日本でもファン急増中のソウル・ミュージックの革命児、エイドリアン・ヤング。

 そんな彼のニュー・プロジェクト『The Electronique Void: Black Noise』は、全曲インストゥルメントルで、よりプロデューサーとしての側面にフォーカスした内容。「古き良き時代のブラック・ミュージックのサウンドの再興を誰よりも黒く追求」という姿勢は不変で、シンセサイザーが手頃なサイズになったばかりの時代のアナログ機材のみを用い、実験性たっぷりのサウンドスケープを展開。68年から73年までを音楽の全盛期と考え、自らの音楽を「ダーク・サイケデリック・ソウル」と形容する彼らしいサイケデリックで黒い音の奔流は、さながらデイヴィッド・アクセルロッドのアルバムの一番サイケでダークな瞬間を延々と持続したような、もしくは「黒いクラフトワーク」とも言うべき宇宙的ブラック・ミュージックだ。

 なお、エイドリアン・ヤングは9月30日から全世界で配信が開始された「マーベル×Netflix」によるドラマ・シリーズ第3作『ルーク・ケイジ』で、音楽のスーパーバイザーも担当している。さらには、ATCQのアリ・シャヒードとのコラボレーション・アルバムも目下制作中とのことだ。

◎『ジ・エレクトロニーク・ヴォイド:ブラック・ノイズ』トラックリスト
01. Black Noise (Interlude)
02. The Night
03. Fly Away
04. Systems
05. The Concept Of Love
06. Voltage Controlled Orgasms
07. Linguistics
08. Black Noise
09. Patterns
10. Suicidal Love

◎リリース情報
『ジ・エレクトロニーク・ヴォイド:ブラック・ノイズ』
エイドリアン・ヤング
2016/10/26 RELEASE
2,200円(plus tax)

関連記事リンク(外部サイト)

エイドリアン・ヤング ジェイ・Z、コモン、タリブ・クウェリらが挙ってサンプリングしたあの名盤の第2弾が遂に日本リリース
ブルーノ・マーズが待望のニュー・アルバムから新曲MVとアートワークを公開
リアーナ、ハリケーン「マシュー」被害のハイチに心痛める

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP