ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ねごと、映画予告編にて新曲「holy night」を一部解禁

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ねごとが11月9日にリリースする新作「アシンメトリ e.p.」から収録曲「holy night」が、映画『マイナビpresents TOKYO CITY GIRL -2016-』予告編にて一部解禁された。
ねごと (okmusic UP's)
益子樹をサウンドプロデューサーに迎えた「holy night」は、ねごと初となる冬のラブソング。映画『TOKYO CITY GIRL -2016-』挿入歌&東京/大阪版エンディング主題歌に起用される。

映画『TOKYO CITY GIRL -2016-』は、12月3日(土)よりお台場シネマメディアージュにて上映することが決定。さらに、ファンの皆さまへの感謝を込めて11月19日(土)にTOHO シネマズ渋谷にて一日限定上映することも決定した。若手女優と実力派アーティスト、そして新進気鋭の監督がタッグを組み、大都会東京に生きる少女たちそれぞれが抱える悩みや想いを描いた全4篇の短編オムニバス映画となっている。

結婚をめぐる主人公の葛藤と打破を描く『幸せのつじつま』には、本作が初主演となる飯田祐真。女優として数々の映画、舞台に出演中の高見こころは『あなたの記憶(こえ)を、私はまだ知らない。』に、誰しもが⼀度は抱えるテーマ「生きること」「許すこと」をひとつの命を通して見つめる女性を熱演。さらに、『LOCAL→TOKYO』は映画『暗殺教室』や『オオカミ少女と黒王子』など話題作にも出演した、若者に大人気のモデル・武田玲奈が、人々との出会いと別れを通して“大人”になっていく少女を繊細に演じる。さらに、この『LOCAL→TOKYO』には、ねごとの蒼山幸子(Vo./Key.)がカメオ出演していることも明らかになった。そして、現代の親と子のちょっぴりあたたかい物語を描いた『ひらり、いま』は、元AKB48の増田有華が親離れできない女の子を好演。今注目の女優たちがそれぞれの作品で主演を務める。

映画「TOKYO CITY GIRL -2016-」予告 ねごと/AZU ver.
https://youtu.be/YrAaaCapQr0

EP『アシンメトリ e.p.』
2016年11月9日発売

【初回生産限定盤】(CD+DVD)

KSCL 2792-2793/¥2,500+税

【通常盤】(CD)

KSCL 2794/¥1,389+税

<収録曲>

■CD

M1. アシンメトリ

(café & pancakes gram CMソング)

M2. holy night

(11月公開映画『マイナビpresents TOKYO CITY GIRL 2016』挿入歌 & 関東/関西版エンディング主題歌)

M3. 天使か悪魔か

M4. school out

■DVD ※初回生産限定盤のみ

LIVE & DOCUMENTARY ~NEGOTO 5th Anniversary お口ポカーンフェス?!SPECIAL~

映画「マイナビpresents TOKYO CITY GIRL -2016-」 (okmusic UP's)
EP「アシンメトリ e.p.」【初回生産限定盤】(CD+DVD) (okmusic UP's)
EP「アシンメトリ e.p.」【通常盤】(CD) (okmusic UP's)

カテゴリー : エンタメ タグ :
OKMusicの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。