ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

京大式「3連複重視」理論ならGI的中はそれほど難しくない

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 秋競馬もいよいよ本番。10月には秋華賞(16日)、菊花賞(23日)、天皇賞(30日)とビッグレースが目白押しだ。そんな中、京大大学院を休学し競馬予想家に転じた久保和功氏の競馬本が話題になっている。『京大式 最強の馬券セミナー』の著者・久保氏にきいた。

「大学院時代、競馬場のパドックで偶然出会った競馬予想家の赤木一騎氏に教えを乞うと、驚くほど勝率が上がったことで、虜になった。そのまま休学し、この道に入りました」

 久保氏の京大式必勝法は「馬券の買い方」にある。

「最初から穴ありきで人気薄の馬券を買うのはオススメできない。あくまで軸馬は人気馬から選ぶべきです。これで大きく勝率は変わる。私は、まず軸に据えた馬の単勝の倍率が3倍を超えれば、シンプルに単勝を交ぜて買いますね」

 実際、2013年のフェブラリーステークスから2016年の宝塚記念まで、平地(障害以外)で開かれたGI77レースで、1~3番人気馬が1頭も馬券にからまなかったのは、わずか6レースだという。

「つまり、1~3番の人気馬から軸となる馬さえしっかり選べば、GI的中はそれほど難しくない」(同前)

 そんな久保氏が強く推奨する買い方が、着順不問で1~3着の組み合わせを予想する「3連複」だ。

「1頭の軸馬を決めて、2軸目となる馬を3頭、3軸目を10頭以上選んで買えば、馬券的中確率が高くなる。1~5番人気馬がすべて4着以下になる確率は低いので、軸馬をきっちり選べれば、『3連複』は的中しやすい。しかも穴馬が1頭でも入れば、大きなリターンを期待できる」

 必然的に購入額も多くなるが、「3連複の平均配当は約2万5000円と高く、的中率も良いので高配当を狙ってチャレンジしてほしい」(同前)と強調する。

 もちろん、久保氏が軸を選ぶ基準は単に人気だけではない。注目するのは「推定3ハロン」のタイムだ。

「まず、過去のレースから前・後半3ハロン(約600メートル)の速い馬を算出。前・後半3ハロンどちらが速い馬が該当レースで有利なのか、コースや距離などから判断します」

 芝のGIレースを例にすると、過去6年間のデータから、「推定後半3ハロン」のタイムが1位の馬の勝率が高いため、要注目だ。

※週刊ポスト2016年10月14・21日号

【関連記事】
我こそはという馬券師は大穴狙える梅雨に競馬場へ足運ぶべき
ゴールドシップに死角は? 初の宝塚記念3連覇の可能性を分析
安田美沙子 100万円の配当ゲットで「馬ドル」生命延びる

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP