ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

10月10日は1年で最も多い44の「記念日」に認定されている

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 10月10日は「体育の日」だけではない。1年でもっとも記念が多いこの日をいかに楽しむか。大人力コラムニストの石原壮一郎氏がその方法を伝授する。

 * * *
 カレンダーを眺めていて、思わず「おっ!」と声をあげました。今年の「体育の日」は10月10日ではありませんか! 

 東京オリンピックの開会式が行なわれたことにちなんで、10月10日が「体育の日」という国民の祝日になったのは1966(昭和41)年のこと。その後、2000(平成12)年からはハッピーマンデー制度によって、10月第2月曜日という流浪の旅を強いられることになりました。やっぱり「体育の日」には10月10日がよく似合います。原点回帰というか温故知新というか、今年はその有難味をいつも以上に感じられることでしょう。

 じつは10月10日は、元「体育の日」というだけでなく、「1年のうちでもっとも記念日が多い日」でもあります。まさに記念すべき一日。人生を積極的に楽しみたい大人としては、この特別な日の魅力を果敢に味わい尽くしましょう。

 一般社団法人日本記念日協会のHPによると、同協会が認定している10月10日の記念日はなんと44(毎月10日のものも含む)。協会認定の記念日以外でも「目の愛護デー」や「釣りの日」など、たくさんの記念日が目白押しです。ここまで増えたのは、おそらく語呂合わせがしやすいから。「トートバックの日」「じゅうじゅうカルビの日」などはそのままですが、「転倒予防の日」「てんとう虫の日」「トマトの日」「銭湯の日」あたりは少し推理が必要です。

「ふとんの日」は、10がふたつで「ふ(2)と(10)ん」だから。「ポテトサラダの日」は、ポテト=POTATOのTATOが1010をイメージできることと、主原料である人参、じゃがいも、きゅうり、玉ねぎを横に並べると1010に見えることから。このへんになると、教えてもらわないとたどり着けそうにありません。「鯛の日」のように、「体育の日→タイ(イ)クの日=鯛喰う日=鯛の日」というダジャレパターンもあります。

 というわけで、上で触れたものも含めて、あまたある10月10日の記念日を元に、この日の理想的な過ごし方を考えてみましょう。まずはレジャー。「釣りの日」なので釣りに出かけて、夕方には「銭湯の日」ということで銭湯でひとっ風呂。「萌の日」(十月十日を並び替えると萌の字に見えるから)にちなんで、メイドカフェに繰り出すのもオツです。

 ファッションにも気を配りたいところ。「トレーナーの日」(スポーツ行事に似合うことと、トレーナーのト=10と英文のスウェットのト=10の組み合わせから)なので、トレーナーを着込み、「トートバックの日」に敬意を表してトートバックを片手に下げ、さらに「目の愛護デー」でもあるのでサングラスをして街に繰り出しましょう。その組み合わせはどうなのかという気もしますが、記念日を満喫するためなので仕方ありません。

 食べ物や飲み物は、関連の記念日がたくさんあり過ぎて迷うところ。何はさておき、「ワンカップの日」(ワンカップの誕生は東京オリンピックの開会式の日)をお祝いするワンカップでの乾杯は欠かせません。つまみは「ポテトサラダの日」や「トマトの日」にちなむもよし、「亀田の柿の種の日」(1が柿の種、0がピーナッツに見えるから)にちなむもよし。「お好み焼の日」(焼くときにジュージュ―という音がするから)や「紀文・いいおでんの日」(1010を並べ直すと「1=い、1=い、0=お、0=でん」と読めるから)でもあります。

 一日の締めくくりには、「手と手の日」(手と手=10と10)ということで、そっと妻やパートナーの手を握りましょう。「な、なにすんのよ!」と驚かれても、「だってほら、今日は『手と手の日』だから」と言えば気持ちは重々伝わるはずです。1010だけに。そして「ふとんの日」に感謝しつつ、あたたかいふとんにくるまれて眠りにつきましょう。

 ああ、なんて充実した一日なんでしょうか。いつもとはひと味もふた味も違う休日が過ごせるのはもちろん、それぞれの由来の強引さから「根拠があろうがなかろうが、要は言ったもの勝ち」「どんなに臆面のない理屈でも、開き直ってしまえば大丈夫」「世の中はベタなダジャレで成り立っている」といった大人にとって大切な教訓も学べるでしょう。

 よかったら、ここで得た10月10日の豆知識を同僚や後輩にも得意気に披露してください。なるべくとうとうと語ったほうがいいでしょう。1010……以下略。

【関連記事】
企業が商品PRのために作る「認定記念日」は審査ありの登録制
男女交際100日目を祝う「100日記念日」が韓国からやってくる
SAPIO連載・業田良家4コマ漫画【1/2】 「鬼畜米英」

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP